1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ゴム手袋にはちょっと意外な活用法がある

意外と使い道があったので便利そうですね

更新日: 2016年05月08日

bglovingさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
276 お気に入り 137980 view
お気に入り追加

ゴム手袋でシャンプーを節約!?

ポリエチレンの手袋を付けたまま、シャンプーやリンスをします。その時に使う量を、普段使う時の半分ぐらいに減らしてしてみて下さい。

すでにうちの奥さんは実践済みで、なぜだから手袋をしてシャンプーをすると驚くほど「泡立ちが良い」とのこと。

ポリエチレンの手袋を使うことにより、髪の毛の汚れやタンパク質が洗剤を吸い取るのを防いでいるからです。

カーペットの掃除にも便利!

ゴム手袋を付けた手でカーペットやじゅうたんを撫でるように軽く擦ります。絡みついたゴミや髪の毛を簡単にとる事が出来ます。

カーペットは衣類などと違って頻繁な洗濯は難しいもの。しかし毎日足元にあるともなれば、かなりのほこりや汚れがたまっているはずですよね。

シンク掃除もゴム手袋で簡単!

シンクに洗剤を少量スプレーします。そして、ゴム手袋をはめて洗剤をまんべんなく壁に伸ばしていきます。

雑巾を固く絞り洗剤をふき取ります。掃除が済んだらそのまま捨てられるので便利です。

軍手とあわせれば雑巾にもなる!

ゴム手袋をした上に、軍手をします。こうすれば手が雑巾にはやがわり!

軍手を使うと指を動かしてキメ細かく磨けるほか、粗い生地で汚れをこすり落とすこともできます。

特に普通の雑巾では掃除のしにくい細かい部分や、ブラインドなどの間の狭いものの掃除には大活躍です。

破けちゃったら傘につけてみよう

指の部分をカットしたものを、傘の持ち手の先の部分にセット。傘を引っ掛けた際の滑り止めとして機能します。

ビニール傘の取っ手につけて、他の人の傘と見分けをつけるのもおすすめの方法ですよ☆

輪ゴムにも変身可能♪

輪ゴムがない!って時には便利かも

使っていたゴム手袋に穴が開いてしまったので、切って輪ゴムにしてしまいました。

手袋の腕にかかる部分を切り分けて、大きくて、丈夫な輪ゴムに活用します。指の部分は、小さな輪ゴムになります。

1





bglovingさん

いろいろと、アンテナを張って動いています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう