1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

その「家計簿」じゃ、お金持ちになるコツがつかめない

ただ家計簿つけるだけじゃ、なかなかお金は増えていかない。

更新日: 2016年05月16日

まっすぃさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
402 お気に入り 67419 view
お気に入り追加

貯金しようと「家計簿」つけるだけじゃ…なかなか変わらない

まぁ、ムダ使いが減って少し貯金に回せるようになったかな…。

家計の収支を考える際に知ってほしいことが「基本的な生活費は案外安定している」という点

この「生活費がだいたい安定してる」ことが全ての土台。

普通の家計簿は、「現金」についての収支だけを記録していくので単式簿記という

単式簿記で家計簿をつけると、給料とそれをどこに使っているかがわかりやすくなります。

単式簿記は「始めるのが簡単!」そして「現金以外のことがわからない!」ということになります

収入が複数あったり、ローンがある場合などは把握しにくくなるのがデメリット。

そこで、一度は「複式家計簿」をやってみたほうがいい

目的は「資産」をできるかぎり増やして、「負債」をできるかぎり減らす意識を身につけるため。

「給料をもらう」=「現金の増加」&「収益の発生」、「スーパーで買い物をする」=「現金の減少」&「費用の発生」と記録します

1つの取引に2つの意味があると考えて、その両面を同時に記録していくことを複式簿記という。

持っている現金は借金と給料によって15万円に増えても、借金の要素にも5万円とするので、実際は10万円分の資産があるんだ、という状況を把握できる

その月に15万円手に入っても、借金(負債)の分は引くので実質増えたお金は10万円

「複式簿記」では今、現金はいくらあるのかな?借金はいくらあるのかな?なんて聞かれてもすぐに答えることができます

収支を負債と関連して考えるので、実際のお金の流れが把握しやすくなります。

問題解決のため複式簿記で家計簿をつける。複式簿記、つけで払った分を記録するのに便利なのん。

面倒くさい…けどお金の流れを知る勉強として、やってみるだけでも役立つかも。

お金を生み出す「資産」「負債」をどれにするか決めよう

身の回りのどれを「資産」「負債」に仕訳するかが、最も大切。

お金持ちになる上での資産と負債の考え方は、「それがお金を生み出すかどうか」で判断する

資産は、お金を生み出すもの。負債は、お金を生み出さないもの。

あなたが家を持っていてそこに住んでいるとすれば、その家は税金としてあなたからお金を奪っていく負債になる

お金を生まないものは、全て負債と考えてお金を出さない。

家計簿も複式簿記で付けないといけない時代だな…。 マジで今赤字なのか黒字なのか見えねぇ。

結局、全体で赤字なのか、黒字なのかをまず知ることが大事。

お金が増えた結果、貯まっているような仕組み「資産の運用」

注がれ続けるシャンパン(資産が生むお金)のコップから溢れ出た分を舐める(資産が生むお金だけで暮らす)

「いっぱいになるのを待って、それでも飲んじゃだめ。 いっぱいになって、溢れて、ふちから垂れてくるやつ。これを舐めてがまん」

結婚記念日に高価なレストランで食事をして3万円かかったなら、「日常的ではない高額な支出」、つまり高額出費として考える

よくある高額出費=たまの焼き肉など、たまにある高額出費=記念日のプレゼントなど

給料―基本的な生活費=基本的な収支(本業の利益)・本業の利益―よくある高額出費=経常利益・経常利益―たまにある高額出費=純利益(貯金額)

本業の利益の中でのみ、貯金から高額出費・予定外の出費までをまかなうようにする。

貯まったコップから、コップへとシャンパンが貯まり続けていく(資産が生んだお金で、新しい資産へ投資)。

お金持ちになるためには「資産」が必要になる。資産がなければお金持ちになることはできない

お金は、「資産」を手に入れることに使うべき。

「給与」のほかに収入の柱となる「資産」を2,3本持つこと

現金で利益を高く生む資産ほど、優先して手に入れる。

負債である家を借家として他人に貸す。たとえ税金としてお金を取られたとしても、家賃収入で黒字にできれば、家は何もしなくてもあなたにお金を入れてくれる資産に変わる

負債も資産に変える方法があれば全体を黒字化できるかも。

家計簿アプリ。無駄遣いがなくなることはいいんだけど、自分へのご褒美()とかの値段が高いとストレスになるのはデメリット。無駄遣いをしたようで心から喜べない。まあ、無駄なんだけどさあ

ご褒美も、がんばった結果得た利益と計上する柔軟さも必要かも。

参考リンク

1 2





まっすぃさん

仕事の悩み、使えそうなものをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう