1. まとめトップ
  2. 雑学

熊本地震で今できること。知っておきたい募金への協力

熊本を中心に最大震度7になる地震が発生し現地の人々が心配されますが、周りの人間が今できること…自分も何かできることをしたいとの思いから、寄付を考えている人も多いと思います。そんな中で知っておきたい募金のお話です。

更新日: 2016年04月16日

43 お気に入り 114265 view
お気に入り追加

大規模な災害が起きた時に知っておきたい!今できること。

知っておきたい募金のお話です。

2016年4月14日夜に熊本を中心に最大震度7になる地震が発生しました。

日本全国から被災地に対する支援活動の動きが活発になってくることが予想される。

自分も何かできることをしたいとの思いから、寄付をされた方、検討している方は多いと思います。

寄付や募金の本来の目的はどこにあるの?

寄付金は被災者や被災地を助けるためのお金を集めることが目的

災害の際に被災地・被災民へ送られる義捐金・義援金(ぎえんきん)も寄付の一つである。

あなたの寄付は、災害が発生したとき、ただちに現地へと医療救護班や救援物資などを届けるために活用されます。

そもそも「義援金」と「支援金」の違いとは?

「義援金」は、集まった募金を全額、被災者に分配する仕組みになっている。

支援活動を行う団体・機関などに贈られるのが「支援金」

自身が賛同できる救援活動をする機関・団体に対して「直接支援活動に参加できない自分の代わりに、そちらの団体で被災者の役つ立つ使い方をしてください」という意味合いを込めた寄付

さらに寄付に関するこんな問題も

お金がどのように流れ、使われるか、理解されている方は少ないのではないでしょうか。

募金詐欺の数々。悲しいことに大規模災害発生後には、善意につけ込んだ募金詐欺も横行しやすくなる。

自らが寄付したことを公言して寄付を呼びかけることでより多くの寄付金が集りそうなのに、それをしないこと

誰もそれを言い出さないと、行動を起こすのはアンテナの感度が高く意識が高い人だけになってしまい広がりません。

結論としては、どうしたらいいの?

義援金も支援金も優劣などはありませんし、いずれも必要なもの

義援金:期間が相当掛かる、復興支援に使われない / 支援金:プロセスフィーが掛かる

被災地のために必ず使ってくれるという事を考えると義援金を直接募っている機関の方が安全という考えは根強いようです

もちろん支援金もなければ困ります。

自分の大切なお金がどのように使われ、どのような成果に繋がったのか、継続して気にして欲しい

それを気にかけることが、団体と支援を受けた人々の大きな励みになり、次の活動への活力になります。

熊本地震の募金と義援金を集めているサイト

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう