1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

とにかく薄くて軽い!Amazonが発表した「Kindle Oasis」の特徴とは!

Amazonが、Kindleの新モデルとして「Kindle Oasis」を発表。Kindle史上、最も薄く最も軽いと言われている「Kindle Oasis」の特徴についてまとめました。

更新日: 2016年04月28日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
64 お気に入り 70814 view
お気に入り追加

Amazon.comが、Kindleの新モデルを発表

Amazon.comは、電子書籍専用端末「Kindle」の第8世代となる新モデル「Kindle Oasis」を全世界で同時発表した。

・Wi-Fiモデル:3万5980円
 (キャンペーン情報付き)
・Wi-Fiモデル:3万7980円
 (キャンペーン情報なし)
・Wi-Fi+3Gモデル:4万1190円
 (キャンペーン情報付き)
・Wi-Fi+3Gモデル:4万3190円
 (キャンペーン情報なし)
※キャンペーン情報付き、ロック画面に広告が表示

「Kindle Oasis」の特徴とは

●Kindle史上、最も薄く最も軽い

手に持つときにグリップになる最厚部は約8mmで、重さは131gだ。例えば4.7型のiPhone 6Sは143gなので、それより軽い。

従来の「Kindleシリーズ」と比較して、平均で30%の薄さと20%以上の軽量化を実現した。

Kindle OasisはVoyageより50g軽いのかぁ! これは大きいなぁ・・・ ウォルナットカラーも魅力的かもだし・・・

●数か月、充電不要で使用できる

本体に加え、バッテリー内蔵のレーザーカバーが付属するため、数カ月充電不要(明るさ10、ワイヤレスOFF、1日30分利用)としている。

Kindle Oasisはカバーにバッテリー内臓ってのは考えたなー。外に持ち出す時はカバーつけるだろうし、ついでに駆動時間も確保できる。 読むときはカバー外して軽く持てばいいし、収納するときにカバーまた付ければ本体に充電が出来る外部バッテリー的な扱いにもなるわけか。

Amazonの最新のKindle OasisはVoyageと同じ解像度ながら30%薄く20%軽い。背面にグリップのための突起がある。最大の売りは数ヶ月充電不要になるバッテリーカバー。 thenextweb.com/gadgets/2016/0… pic.twitter.com/7xg62Tqceg

●ページめくりボタンを刷新

端末を回転させて左右どちらの向きでグリップを握っても、Kindle Oasisは上下を検知し、自動で画面の上下を反転させ、表示方向を端末の上下にあわせます。

Kindle Oasisいいね。Voyage買おうかずっと迷っていたけど、全然キャンペーンしない(笑)から買わずにココまで来てしまった。お値段張るけど、ページめくりボタンと重心があるのがいい。

Kindle Oasis、ページめくりボタンが左右どちらかにできるのはすごく良いな。初代PaperWhiteが大分くたびれてるので安けりゃ買い換えたいのだが

「Kindle Oasis」を動画で紹介

不満な点は?

●防水機能が無い

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう