1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

一度は泊りたい!皇室御用達のホテル・旅館

日本で行われた伊勢志摩サミットのメイン会場「志摩観光ホテル」は皇室御用達の宿。公務で多忙の皇族の方々が全国で利用されるホテルや旅館。いずれも信頼の高い、その地におけるトップクラスの宿泊施設。会津若松の「向瀧」や箱根の「富士屋ホテル」、奈良の「奈良ホテル」など、一度は泊ってみたい宿をまとめた。

更新日: 2016年09月25日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
336 お気に入り 101023 view
お気に入り追加

■サミット会場となる志摩観光ホテルは皇室御用達

伊勢志摩サミットの主会場となる志摩市・賢島の「志摩観光ホテル」が耐震工事などを終え、17日、関係者に披露された。

伊勢神宮に足を運ばれた皇族の方々が訪れた「伊勢志摩観光ホテル」。

日本のクラシックホテルの草分け的存在のひとつで、皇室御用達のホテルとしても知られています。山崎豊子氏の「華麗なる一族」の舞台にもなりました。

■多忙な皇室の方々 全国を公務で周ることも少なくない

宮内庁ホームページに掲載された2015年の公務日程によると、天皇陛下の予定が入っていない「休日」は82日。

天皇皇后が地方へお出ましになる毎年恒例の「三大行幸啓」。三大行幸啓とは、初夏に行われる「全国植樹祭」、秋に行われる「国民体育大会」、そしてこの「全国豊かな海づくり大会」だ。

皇后美智子さま(80才)のご公務は多忙を極めている。8月3日のイタリア首相夫妻との懇談、5日の日本赤十字社の記章授与式、11日は広島交響楽団の「平和の夕べ公演」をご鑑賞、そして15日には全国戦没者追悼式に出席。

■御用邸や大宮御所を利用されることもある

両陛下は、福島市の県営北信団地内に3月に完成した復興公営住宅を訪れ、飯舘村や浪江町などから避難している被災者6人と懇談された。懇談後、那須御用邸(栃木県那須町)に移り、静養に入られた。

皇太子同妃両殿下時代を含めて,更には御成婚以前に遡り,これまで天皇皇后両陛下が京都府を御訪問になり,京都市内に御宿泊の時は,全て大宮御所を使用。

天皇、皇后両陛下は、京都府と大阪府を訪問された。京都でのご宿泊先はこれまで、京都御苑内にある京都大宮御所だったが、耐震性に問題があることが判明。今回は同じ京都御苑内にあり外国の賓客をもてなす京都迎賓館に宿泊された。

■全国にある皇室ご用達のホテル・旅館

日本には名旅館と呼ばれる「癒しの舞台装置」があります。そして、その中に天皇家が愛してやまない究極とも言える名旅館があります。

地方での公務でお泊まりになる宿は、地元の都道府県が、警備のしやすさなどを宮内庁と相談のうえ、決定する。天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻の場合は、各地のトップランクのホテルが選ばれる。

向瀧(福島県会津若松市)

明治6年に「向瀧」として創業し、いまでは東山温泉随一の温泉旅館として皇族や著名人のお客様も多く、海外からも足を運ぶ人も。

福島・東山温泉の「向瀧」は、会津藩指定保養所だった歴史を持ち、国の登録有形文化財第1号に輝いた木造建築の温泉旅館。多くの皇族を迎えてきた書院造りの宮内庁指定棟特別室「はなれの間」。

富士屋ホテル(神奈川県箱根町)

皇室とのかかわりが深く、天皇・皇后両陛下をはじめ、皇室ゆかりの宿となっています。

このホテルは有名人が愛したことでも有名!今でもファンの多いジョン・レノンとオノ・ヨーコ夫妻、喜劇王チャールズ・チャップリン、日本を代表する小説家三島由紀夫などが宿泊。

1 2 3





aku1215さん

記憶の中で生きてゆける



  • 話題の動画をまとめよう