1. まとめトップ
  2. カラダ

避難場所でもできる「不安で眠れないときの対処法」

2週間は不眠が続きやすいとのこと。「地震が不安で眠れない」そんなときに少しでも役立つ情報があれば…

更新日: 2016年04月19日

mirandooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
228 お気に入り 74671 view
お気に入り追加

【1】サランラップで耳栓

避難所は夜でも照明やラジオがついていたり、隣で小さな子どもが泣いていたりと、なかなか眠りにくい環境

耳栓がある場合は耳栓が1番いいですが、
ティッシュやサランラップを詰めたりして、周囲の音があまり聞こえないようにするといい

サランラップ細くして耳に入れるのも、応急的な耳栓になるんだよね。#熊本地震 #避難所 災害発生! 避難先での睡眠の取り方 [睡眠] All About allabout.co.jp/gm/gc/299036/

被災地で安眠する為に。 「サランラップで作る耳栓」 olive-for.us/nichi-youhin/s…

作り方が載っています。

【2】LINEで会話する

家族や友人、だれかと寝れるまでやり取りをして、少しでも落ち着ける状態になることが大切。

電話はメール、Twitterなどでやり取りなどをしても良いでしょう。自分と同じような怖い夜を過ごしている方がいれば、そんな気持ちを共有するのも良いかもしれません

寝れるまで、付き合ってくれる人はたくさんいます。

面接から帰宅 ただいまです 熊本に住んでる友達とかから、怖いよ、助けてとか沢山LINEきて。寝るまでLINEして気を紛らわしてあげた。連絡取ってるだけでも落ち着くって言われたし。こんなやつでよければ、いつでも連絡ください。 pic.twitter.com/IhnhgdGB1q

熊本の女の子が、地震で怖いからって言ってずっとLINEしてきてて寝れないから、今日はその子が寝るまで勉強しながら起きてようと思う

熊本にいる夫婦とLINEしてる。 相手を不安がらせないようにしてるのか、それぞれが別々にメッセージを送ってくる。 アタシはただ返事を送ることしかできないけど、2人が寝るまで付き合います。 どうか、どうか落ち着いて。

【3】安眠のツボを押す

不眠のツボと言えば安眠(あんみん)が一番有名かもしれません。

さすったり、やさしく揉みほぐすように押しましょう。

睡眠不足の場合、このツボの部分が硬く凝っていることが多いです。ツボを押すと痛みを感じることがあります。

自律神経と直結していると言われているので、ストレスなどで不眠気味の方には特に覚えていただきたいツボ

息を吐きながら、両手の中指を使って「気持ちいいと感じる強さ」で押す

阪神・淡路大震災を経験された「かない鍼灸接骨院」の先生が勧めるツボ
気持ち悪くて寝れない時はここもマッサージしてみましょう。

ツボの名前は「れいだ(癘兌)」。足の人差し指の中指側のツメの生え際(つけ根)が、その場所

【4】無理に寝ようとしない

そう思ってしまうと、かえって不眠を悪化させてしまうことも。

日中は太陽光を浴びるなど、生活リズムを意識して昼夜のメリハリをつける

【5】寝る前のルーチンを決める

家にいたときと、どうしても行動が違くなってしまいます。今いる環境での「寝る前の単純作業」を固定化しましょう!

歯磨き、洗顔、着替え、軽いストレッチ、トイレに行くなど、 単純作業をすることで脳に「眠りに入るよ」と働きかけることができ、意外に効果があります。

1 2





mirandooさん



  • 話題の動画をまとめよう