1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

超ほしー!!入手困難な「幻のキッチングッズ」

バーミキュラや魔法のフライパンなど、人気すぎて数ヶ月待ちも当たり前になっているキッチングッズを集めてみました。欲しいけど、そんなに待てるかな…

更新日: 2016年05月01日

AMIAYAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1560 お気に入り 355145 view
お気に入り追加

2年待って、忘れた頃に届く

一見すると、普通の鉄のフライパンに見えますが、このフライパンがとにかく使えるらしい。

三重県木曽岬町の錦見鋳造が作った「魔法のフライパン」。開発にかかった年数は約10年

現在ご注文が非常に立て込んでおり、魔法のフライパン・北京鍋の納期は約24ヶ月となっております

24ヶ月って…

このフライパンが他の商品と大きく異なる点は、厚さ1.5mmという極薄の鉄鋳物で出来たフライパンだということです

鋳物は熱が良く伝わるため、調理器具として利用されているが、薄く作ることが難しく、重量が重くなってしまう。そのため家庭用のフライパンには不向きとされてきた

10年の歳月を費やして、やっと完成したのが「魔法のフライパン」。

注文して2年半待機していた「魔法のフライパン」がやっと届いたので、早速使ってみました。とても、使いやすいです。ホワイトソースもこの通り、滑らかに作る事が出来ました。本当に火通りがよく、持ち手は何故か熱くならず。 pic.twitter.com/EgErWiaZab

1枚1万500円と一般のフライパンに比べてかなり割高だが、累計販売数が10万枚を超えるなど人気を集めている

魔法のフライパンを使うにはちょっとしたコツが必要ですが、料理初心者もすぐに使いこなすことができるように、オフィシャルサイトには多くのレシピブログや料理動画が掲載されています

使い方に迷ったらオフィシャルサイトで勉強!

53ヶ月待ちのステーキナイフ

これが噂のアシンメトリーSK01… pic.twitter.com/0WZSXvkF2h

厨二病もくすぐられるこのデザイン。

大会では、多数の審査委員のうち半数がナイフを持ち帰ったそうです。これは、性能やデザインに高い関心を示した証

第14回ボキューズ・ドール国際料理コンクールのステーキナイフとして使用された時の逸話。

【 2016年2月中に 申し込まれた場合の およその待ち状況 】
ステーキナイフ 「約53ヵ月待ち 」、ステーキフォーク「約48ヵ月待ち」となります

途方もないんですけど…

使用感は超越的と言っても過言でないほど、大満足! これまでのテーブルナイフの印象をはるかに凌ぐほど、気持ち良く切れる

家に帰ってからミニトマトを切ってみて驚きました。厚さ0.3mmくらいでトマトが切れるのです。1mmあれば3枚切れます

安いお肉買ってきて龍泉刃物のステーキナイフ試したらびっくりするくらい切れた。断面も綺麗。 pic.twitter.com/p0nrOWrPZ4

1本2万円もする価格ゆえ、注文するまで相当躊躇した。だが、手にしてからは大変満足しながら食事を楽しんでいる

ステーキナイフで24400円とのこと。

無水調理ができるホーロー鍋

バーミキュラは極めて高い完成度で無水調理ができる、世界唯一の鋳物ほうろう鍋なのだ

待ちに待ったバーミキュラが届いた〜〜こんな時間にスープを作ってみた。 トマトの甘み?人参の甘み?野菜の旨味が凄い。明日の朝にはもっと美味しくなってる気がする。 pic.twitter.com/Iag0uTb17L

価格は直販で2万3800円と、高級鍋の部類に入る

それでもめっちゃ売れてるのは、品質が高い証拠。

大変申し訳ございませんが多くの方にご注文頂いており現在は2017年1月中旬~下旬頃のお届けになります

現在でも、待ちの状態が続いているみたいですね。

1 2





AMIAYAさん

どや~~~~( ・´ー・`)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう