1. まとめトップ
  2. 雑学

家族旅行の効果を甘く見てはいけない!旅育を子供の教育に取り入れたい

最近は、「旅育」という言葉があるそうですが、家族旅行は子供に良い影響を与える可能性があります。たとえば、子供の社会性を高めることができる、 子供の情操教育に有効である、本物にふれて学ぶことができる、などの利点が挙げられます。旅育を子供の教育に取り入れてみてはいかがでしょうか?

更新日: 2016年04月19日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 9807 view
お気に入り追加

▼ 子供の社会性を高めることができる

公共の場所は子どもが「社会性を学ぶ場所」として最適です

言葉がわかるようになったら、社会性を身につけるためにも、少し意識して旅をしてみてはいかがでしょう?特に挨拶などは…

・子供の情緒が安定する

つまり、平均して年に1回以上家族旅行に行った人は、「我慢強い」「思いやりがある」「協調性がある」「社交的である」等、周囲とのコミュニケーションや気配りに長けている傾向が強い

(逆に)成人するまでの家族旅行回数が10回に満たない人は、「頭に血が上りやすい」「自分勝手なところがある」「我が強い」等の選択肢で過半数を占めており、わがままになりがちな様子が伺える

▼ 子供の情操教育に有効である

旅は、情操教育にも役に立つことは間違いありません

・飛躍への助走になるかも?

独り立ちするときの、飛躍への助走になるに違いありません。学校遠足や修学旅行とはまた違う、お子さんの情操教育に「旅」はある

▼ 親のいつもとは違う姿から学びがある

親は子供に対し、普段見せない姿を見せることになります

・親の背中から何かを学ぶかもしれません

そんなことは、誰にも教えてもらいませんでした。ただ、親の姿を見て「なるほど、こうすればいいのか」と知恵を学んでいきます

▼ 本物にふれて学ぶことができる

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう