1. まとめトップ
  2. ガールズ

写真だとブスに…鏡の中と現実のギャップを埋めるメイク術

鏡や自撮りは上手く行ってるのに…そんなあなたのお悩みをメイクで解決します!

更新日: 2016年04月20日

1219 お気に入り 408390 view
お気に入り追加

「私ってこんな顔だっけ」

なぜ、そんなことが起きるのでしょうか?その答えは、「鏡に映っているその顔は、実際の顔ではないから」です!

なんで鏡と写真って顔違うの。 ケータイ死ね!もっとちゃんと写せ!

鏡は自分を過大評価してしまう

人には利き目があり、顔の左右どちらかを強く認識します。そして、強く認識した半分が反対側にも影響するので、実際の顔と違う顔が映る

利き目側の顔ばかり意識してしまうそう

鏡の前に立つと、無意識にあごを引いて、口角が上がって、自分の「決め顔」に持っていきます

決め顔も兼ねることで、結果的に自分のルックスが良くなるように脳内補正をして、まるで自分が美人やイケメンのように錯覚してしまう

グサッ!!!!!

客観メイクで、ギャップを縮めよう!

鏡に寄ってメイクをすると濃くなりがちなので、適度にはなしながらメイクをして、全体のバランスを見ましょう

最新の脳科学では人が人に相対した時の視覚反応というのは、相手の「左半分」「顔の左側」に無意識に注がれる

実際の顔は鏡とは反転して見えるわけなので、左側よりメイクの力が入っていないことの多い「右側」の顔が相手に印象付けられちゃう

こんな便利グッズを使うのも◎

リーバーサルミラーとは顔を左右反転して映してくれる鏡です。エステなど行った時に置いてある場合もありますが、簡単に購入できます

昨日リバーサルミラー見てから絶望しっぱなしなんだけど

けっこうショック…

片側の目だけ大きかったらアイシャドウの陰影で大きさを調節できますし、片側の頰だけが出っ張っているのならノーズシャドウで目立たないようにしましょう

(´-`).。oO(鏡とか自撮りは何割か増しで見えてるからこわい。反転アプリで自分の顔見てびっくらこいた!歪み治したいなあ

パーツ別では、ここがポイント

左右で眉の形が揃わないという方は片方だけ一気にかくのではなく左右一緒に徐々に仕上げていきましょう

1 2





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう