1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アイドルグループで新たなるライバル関係が勃発している!!!宮脇咲良&向井地美音・矢吹奈子&田中美久等

まえゆう、さやみるきー、W松井等はそのライバル関係に終止符が打たれました。ただそれに続けとばかり新たなライバル関係が色んなグループで生じてきています。AKB48の宮脇咲良と向井地美音、欅坂46の平手友梨奈と長濱ねる、HKT48では「なこみく」、乃木坂46の齋藤飛鳥、星野みなみ等

更新日: 2016年04月25日

50 お気に入り 170195 view
お気に入り追加

アイドルには不可欠なライバル関係…AKB48の二大巨頭と言えば前田敦子と大島優子だった…

前田はずっと2人の関係性についてクールだったが、大島は在籍中、「ライバルがいて良かった。あっちゃん(前田)がいなかったら、私はここまで来られなかった」と本音を漏らしている。

大島と前田はAKB48時代センターの座を争ってきたよきライバル。グループを卒業してからはそれぞれ女優として活躍を見せている。

あっちゃんとNHK紅白歌合戦にサプライズ出演! 2人して緊張して 2人して楽しかったね〜ってなって 2人してはしゃいだ〜 たかみなが喜んでくれてよかった 見てくれた人も驚いたかな? #NHKinstagram.com/p/_9YuX7NnXD/

SKE48と言えばW松井がダブルセンターとしてグループを牽引していた…

あらためて2人の関係はという問いに珠理奈「心の友」で「心友」がいいな。

玲奈は私も、珠理奈がいなかったら、張り合いはなかっただろうなとは思います。でも、ライバルとは違う。

松井珠は玲奈ちゃんと私は対照的だから、よく玲奈ちゃんが月で私が太陽みたいな存在って例えられることが多かったけど、私にとってはずっと玲奈ちゃんが太陽のような存在でした。

NMB48といえばさやみるきーだった…

「初めの頃はお互い、すごいライバルとして見せられるように、大人に仕掛けられてきた。それがお互い、嫌やった時期もあった」と振り返る渡辺。

「プライベートでご飯行ったりすることもない。連絡事項しか連絡とり合わない。友達みたいな感じではない」と言う

「同じ期で身長も同じくらいで血液型も同じ」と常に意識してきた。「友達のような関係にはなれなかった」と振り返りながらも「いままでの人生で一番運命を感じた人」と告白した。

それに続けとばかり、新たなライバル関係がクローズアップされている

AKB48の次世代エース候補の宮脇咲良と向井地美音

AKB48グループの新たな「黄金世代」が動きだした。宮脇咲良(18)、向井地美音(18)らの世代。

宮脇咲良はAKB48の10周年記念シングル『君はメロディー』ではセンターを務め、前田敦子や大島優子などのレジェンドメンバーと並んでも引けをとらない活躍

『総選挙』の投票券が付く44thシングルでは、表題曲のセンターを向井地美音(AKB48)が初めて務めることが決定。

宮脇が早く活動を始めたこともあり、現時点では先行しているが、向井地の潜在能力からすれば追いつくことは可能なはず

以前から言われていた2人のライバル関係が今後のAKB48を引っ張っていきそう

オタクなので宮脇咲良さんと向井地美音さんのライバル的な構図が好き

さくらちゃんのライバルは、みーおんだといつも感じる(⌒‐⌒) @chan__31 @kyooko_hinami

宮脇咲良の次のセンターは向井地美音。AKBは新しい時代を着実に歩んでいる。まだセンター候補として加藤玲奈も残っている。

みーおんとさくら…この同年代にしてAKBのセンターを争う両者は、ウオッカとダイワスカーレット、あるいはアロンソとライコネンのような、よきライバルになると思う。#AKB48

1 2





色々まとめています。まとめた本人が反応してくれると凄い嬉しいですね。お気に入りに入れてもらえると嬉しいです。
ツイッター等で問題がある場合は削除させていただきますのでご連絡ください。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう