1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『スピッツの後ろにいた人』のバンド「スカート」に注目!

愛くるしいルックスとは裏腹に、どこか影を持ちながらも清涼感のあるメロディが特徴のシンガーソングライター「澤部渡」が注目を集めています。彼のソロプロジェクト「スカート」の音楽にも要注目です。

更新日: 2016年05月31日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
137 お気に入り 60983 view
お気に入り追加

■Mステで話題になった『スピッツの後ろにいたあの人』は?

1987年生まれ。東京都板橋区出身のシンガーソングライター。

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド”スカート”を主宰。

■『スカート(Skirt)』とは

昭和音楽大学卒業時よりスカート名義での音楽活動を始め、2010年12月に自主制作による1stアルバム「エス・オー・エス」をリリース。

以降もセルフプロデュースによる作品をコンスタント制作し、2014年12月にはアナログ12inchシングル「シリウス」を発表。

耳の早い好事家たちの間では「間違いなく天才」「シュガーベイブ、はっぴいえんど、フリッパーズ・ギター、の次」「向井秀徳の登場以来の衝撃!」など様々な評判を呼んでいる。

■アルバムが発売されたばかり

01.ワルツがきこえる
02.CALL
03.いい夜
04.暗礁
05.どうしてこんなに晴れているのに
06.アンダーカレント
07.ストーリーテラーになりたい
08.想い(はどうだろうか)
09.ひびよひばりよ
10.回想
11.はじまるならば
12.シリウス

4月20日発売

今回のアルバムで一番ポップだなと思ってるのは、12曲入りで37分だっていうことですね。

長いレコードを作る必要はないっていう。これは自分にとっての“ポップ”というものへの1つの回答なのかなあと思ってます。

出典スカート 澤部渡「CALL」インタビュー (2/3) - 音楽ナタリー Power Push

2016年のインディ・シーンにおけるもっとも重要な一枚。いや、それどころか、澤部渡の歌声がお茶の間でも響きわたる日は、きっとそう遠くないうちにやってくるはず。

■春の暖かい風を感じるMV

スカート / CALL 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

これも大好き。ヴァースがコーラスでもあるっていう、山下達郎さんの曲みたいな構成。こういう曲もつくるのむつかしいと思うの。 via スカート / CALL 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 youtu.be/61TpTwb35CM

「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のフロントマン・後藤正文

スカートの「CALL」、ベースだけで始まってギター入ってドラム入って歌入るところでギターミュートになって、繰り返しでミュート外してBメロ行って戻ってきたAメロでハモりが入るの最高だし落ちるAメロでコード変わってアウトロで元のコードに戻るのもいいよね

アルバムの表題曲「CALL」のMVが公開されました。日本アカデミー賞最優秀編集賞に輝いた大関泰幸さん監督によるものです。歌詞の内容とリンクする部分はあってもそれに依存することなく映像として音楽に寄り添う素晴らしいMVですね。youtu.be/61TpTwb35CM

■スカート以外の活動もさかんです

トーベヤンソン・ニューヨーク、川本真琴withゴロニャンずにも正式メンバーとして所属している。

現在はyes,mama ok?でベースを手伝ったり、川本真琴さんのバックでサックスを吹いたり、昆虫キッズと一緒にタンバリンやパーカッションやなんやらやったり、マルチプレイヤーとしても活躍。

昆虫キッズ【恋人たち】 2010/12/29 渋谷gee-ge

トーベヤンソン・ニューヨーク「ロシアンブルー」

■楽曲提供もしています

ワンリルキス「realize!!」

1 2





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう