1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

開催間近!今年のGWも「博多どんたく港まつり」が楽しそう

GWのお出掛け先といえば、もはや鉄板ですよね

更新日: 2016年05月02日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 18031 view
お気に入り追加

GWもはやくも中盤

■そんなGWを代表するイベント「博多どんたく港まつり」が今年も開催間近!

毎年ゴールデンウィーク期間の5月3日〜4日に開催され、福岡・博多の街中が湧き返る「博多どんたく港まつり」。

今年も、2日に前夜祭、3日、4日に「第55回博多どんたく港まつり」が福岡市内で開催される。

2日間で約200万人を動員する国内最大級のお祭りで、「博多祇園山笠」、「箱崎宮放生会」とともに福岡博多を代表する祭りの一つ

せっかく休みなのにどんたくの準備ー あ、お金わすれた。

■「どんたく」ってどんなお祭り?

室町時代に始まった領主への年賀行事「博多松囃子(はかたまつばやし)」を原型とする祭り。

明治5年(1872年)、博多松囃子は中止させられることになったが、その後、明治12年(1879年)に復活。

その際、オランダ語で休日を意味する「ゾンターク」から「どんたく」と名付けられたと言われている。

1962年(昭和37年)に「博多どんたく港まつり」と名称を改め、一般市民から参加者を募る方式となり、福岡市全体の祭りとして定着した

■「どんたく」の見所

各種団体や企業、学校、有志の集まりなどにより構成される「どんたく隊」と呼ばれる様々なグループが演舞を披露する。

どんたくの主な催しとなるのが、どんたく隊がパフォーマンスを披露しながら行進するどんたく広場のパレード。

博多区の呉服町交差点から福岡市役所前までの約1・3キロを総勢約2万人のどんたく隊が行進。

はかた駅前通りは路上ステージに変身。さまざまなパフォーマンスが披露される。

どんたくのルーツの伝統行事「博多松囃子」の三福神(福神・恵比須・大黒)の 三流れと稚児流の合計四流れが市中を練り歩く。

博多松囃子で使用されるかさ鉾(ぼこ)と呼ばれる天蓋は、くぐると無病息災の御利益があると言われている。

市役所、区役所、商店街など市内34カ所に舞台を設け、団体が歌やダンスを披露。

4日には、どんたく広場や市役所前広場などで、祭りのフィナーレとなるしゃもじを打ち鳴らして踊る「総おどり」も開催。

キャラクターや童話などを題材に、電球や花を施し装飾した華やかな『花自動車』。

6台が2隊に分かれ、前夜祭を含む2~4日に市内を巡回する。

天神地区には出店も多く出ており、「お祭り」を存分に堪能できる

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう