1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

銀座のホステスが見抜く出世しそうな男

人を見る目に長けてる銀座のママやホステスさんたち。どんな人が出世しそうな人?

更新日: 2016年05月02日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1700 お気に入り 493311 view
お気に入り追加

自己投資することで、力を発揮する

「出世された方と出世街道を走っている方のボーナスの使い道。共通しているのは、“背伸びをしてでも買う”という気持ちでした」

「ここぞというときの商談の前にはあえて高額な旅行を申し込んだり、妻や娘に高いプレゼントをする」

「デキる男といってもタイプはさまざま。でもリーダーになっていく人たちにはその“デキる"という概念を超えた何かがあるのです」

周りに自然と人が集まっている

「とくに出世をしている人は、女の子の名前をすぐに覚えられ、覚えたら忘れないという人が多い」

「相手によって態度を変えない」のが一流の男、誰に対しても丁寧だということ

「この人のためなら努力を惜しまないという人に恵まれることで仕事は成功を収める」

一人で自己管理できてない男は、出世できない

身だしなみがだらしないのは、汚いからじゃなく人に気を使えてない証拠なのでダメ。

ニオイに無頓着な人は周囲に気遣いができない人であり、気遣いができないようでは出世できない、という持論

企業のトップや優秀なビジネスパーソンほど、時間管理・体調管理がうまく、しっかり睡眠をとっている

出世した人は、「下から目線」だった

銀座の世界では、「自己主張して我が道を進み、出世してきました」という人には、あまり会ったことがありません

出世をされる方は、ただ一言「たまには格好付けさせてください」と、スマートに支払いを済ませ、「謙虚な人」というイメージが付く

大きな接待は会社とクラブの連携プロジェクトのようなもの。だからこそ、部下やクラブのスタッフをうまく使える人が成功する男性

「銀座に来られるお客さまはプライドが高い方ですが、それを振りかざすような方は、ホステスさんに人気が出ませんし、結果的に企業のトップに上りつめられませんね」

誠実さの中にも、愛嬌があった人

言わないといけないことは、リスクあっても言う。けど、憎まれない関係を築ける人。

出世する人は決して上司の悪口を言わない。酒の席で上司の悪口大会が始まっても、できる男は決して同調せず、さらりと話題を変えたり、ちょっとした笑い話に持って行く

「一方、上司に反対意見をぶつけたり刃向かったりしても、かわいがられている方っている」

「そうした男性はやがて独立して、一人で来てくださるようになることも多い」

1





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう