1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ここまで進化したか!ネットで見つけた「高機能過ぎる傘」がすごい

傘というのは約4000年前に日よけとして誕生してから形が変わっていないようです。でも色んな物が進化しているのに傘だけ進化していないのはおかしい!と思って調べていたら高機能・ハイテクな傘というのはあるようです。思わず欲しくなるような進化系傘をご紹介!

更新日: 2016年08月28日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
118 お気に入り 202532 view
お気に入り追加

▼傘ってずっと昔からあの形のまま

この形でいるという事はこれが1番使いやすい形なんでしょうがそれでもこれだけ色んな物が進化しているのだから傘も!と思ってしまいますよね?
ただ傘もちょこっと進化していたり、ハイテクや高機能な傘が出て来てはいるんです

雨具はなぜ進化しないんでしょうか?傘は片手が塞がるし大して雨を防げず濡れてしまう

思えば傘って原始的な道具だよね…。昔からさほど進化してないし。人が雨の中を歩くための物としては、これ以上は進化のしようがないのかしら

▼こんな傘もあった!ついに傘が色んな進化を遂げていた

□これなら傘を持ちながらコーヒー飲める♪

・サイズ:骨の長さ60cm、開いた時の内側直径93cm、全長85cm
・8本骨

持ち手にカフェホルダーが付いた【カフェブレラ】なら、雨の日でも片手が空いてスマートにオフィスまで飲み物が運べます。

パッと見、ふざけた感じがしないでもないですが、アメリカで2010年にグッドデザイン賞を受賞している

傘が一番持ちやすい角度でカップが平らになるように計算されているらしく、よほど妙な持ち方やホールドしたまま走ったりしなければカップの中身がこぼれることはない

□空気の壁で雨を防ぐ超ハイテク傘

こちらは中国で開発中のAir Umbrella。なんとも不思議な傘ですがまだまだ実用化はされていません

柄の先端部から水平方向に吹き出す空気で雨粒を吹き飛ばし、ユーザーが雨で濡れるのを防ぎます。濡れない範囲は本体を中心として直径約1m

ネックは稼働時間で、通常タイプが約30分、小型タイプだと約15分。充電(フルで約30分)すれば再使用できますが、この仕様により「都市在住者か車を持っている人に向いている」

見た目はステッキの短いVer.
ただ周りに多大な迷惑をかけてしまうみたい

Air Umbrella は空気で吹き飛ばすため、周囲にはかなりの雨粒が飛散するはず。人混みで使うのは控えたほうがいいかもしれません

ダメじゃんwww

□傘の中にこもりがちな湿気をシャットアウト!

【サイズ】:全長 65cm
【材質】:ABS樹脂/ナイロン
【 電源 】:単三乾電池

夏やじめじめした梅雨に大活躍しそう!

FANがボタン一つで回転快適な風が傘の中でUVカット/紫外線も防ぎます

傘内部にファンを搭載した、扇風機付きの傘。手元のボタンを押すことで、ファンが回転、頭上から風が送られる仕組みとなっている。

頭上直上にファンがあるため、少ないエネルギーで、首元を涼しい風で冷やすことができスーパークール!!。体感温度はマイナス3℃!

□これでどこでも傘が置けるよ!

出典evrica.jp

サイズ:W97×H約830(mm) ※親骨の長さ:60cm
重量:320g

残念ながらメーカーが廃盤中・・・

傘を腕にかけると水滴が服や足について、もうイヤ!そんな経験はありませんか。100%のstand umbrellaは、その名のとおり立ってしまう傘なんです

直径95×全長77×骨の長さ55×持ち手16cm

コレ残念なのが、この向きなら自立するんですよね・・・希望としてはスタンド アンブレラのように、逆さにしなくても自立していて欲しい

ユニークな形の柄によって、使っていないときに壁に立てかけたり、テーブルなどに引っ掛けやすくなっています。ストラップも付いているので、腕に引っ掛けることもできます。UVカット機能付き

出っ張りの部分に引っ掛ける事はもちろん、平坦な壁に立てかけるのにも安定感があるのが特徴

開いた状態で地面に置いても2点で地面に接地するため、安定感が有ります。普通の傘だとクルクルと回転してしまいますよね

1 2 3





aqua38さん

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう