1. まとめトップ
  2. ガールズ

なにこれ簡単♡プロに教わる「消えない眉の作り方」

有名なメイクアップアーティストの方法。明日から出来る~♪

更新日: 2016年05月10日

lilily39さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1596 お気に入り 353778 view
お気に入り追加

「下地作り」で、眉がグンと消えにくくなるらしい♪

「リキッドの方は、油が入っているんですよね。だからそこの部分だけパウダリーファンデーションを載せる。」

アイシャドウブラシにファンデとる。逆毛を立てるように、地肌までしっかりファンデをのせる。

しっかり塗れるので、落ちにくいベースが作れ、ふっくら眉に

多くの雑誌で「ベストコスメ」を受賞しているイプサ。「使える度」「信頼度」も高く大人気のブランド。そのイプサのメイクアップアーティストが教える方法。

ルースパウダーの効果は皮脂をおさえる、お肌の乾燥を防ぐ、毛穴を隠す、くすみを消すなど

女性は、思春期、20代のときが分泌が最も多くなります。たとえば額は、夏は冬の2倍以上も皮脂が分泌される。。

顔の脂がなくなる→皮脂腺が脂をたくさん出そうとする→結果べたべた

「消えにくくなる色」で眉を描いていく

セレブおネェで有名な「ピカ子」こと、本田ヒカルさん。
メイクアップアーティストとしてファッション誌に携わりながら、パリ、ミラノ、ニューヨークでも積極的に活動している。過去にはAKBメイクにダメ出しも。

「濃いめの色を選ぶことでモチが変わる。染料の特徴で、淡い色はどうしても落ちやすくなりがち。」

髪と同色か、若干明るい色を選ぶ人も多いけど、濃いめの色が◎

ピカ子さんがTVで オススメしてたメイク ⚪︎ファンデはスティックタイプ、 ⚪︎アイブロウはパウダータイプ ⚪︎アイシャドウは割とマットめ ⚪︎ペンシルは漆黒。 ⚪︎マスカラは先端があまり太くないタイプ ⚪︎チークは淡め pic.twitter.com/rPAbgIKLyX

描くときに「定着」させると、モチが良くなる♪

プロのメイクアップアーティストJUNKOさんの方法。ロンドンのメイクアップアカデミーで学び、来日されたケネディー大使を担当したことも。

ペンシルで、うすく描く。その上にブラウンのアイブロウのパウダーで描いていく

色んなプロが実践している方法。油分がパウダーによって定着するそう。

眉の下側にパウダーが付きやすいそう!目元がぼやけちゃうので、しっかりと綿棒で取り除きましょう。

「描き終わったあと」の仕上げで変わる!

メイクアップアーティスト。
表参道のカマタメイクアップスクール(旧 シュウウエムラ メイクアップスクール)にて講師も勤めている

「崩れを防止するためには、アイブローを描いた上からもう一度“おしろいを塗る”と消えにくくなる」

おしろいとルースパウダーは同じもの。日本語だとおしろいになります。

書く前にパウダーをして、書き終わった後にも、上からパウダーをする

結局こういうことです♪

「水に強いアイテム」を選ぶべし

『CanCam』『Oggi』『MISS』『mina』『Ray』『saita』などで、多彩なメイクテクニックを披露しているメイクアップアーティスト。

1 2





lilily39さん



  • 話題の動画をまとめよう