1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

[祝!!イエモン復活!!]グラムロックを継承する邦楽バンドまとめ

THE YELLOW MONKEY イエローモンキー ドレスコーズ 女王蜂 Bryan Associates Club THE BOHEMIANS グラムロック V系 ビジュアル系 邦ロック

更新日: 2016年07月03日

gilvalsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
161 お気に入り 60737 view
お気に入り追加

伝説のロックバンド、THE YELLOW MONKEYが復活!

イエモン、“サル年”に15年ぶり復活 5月からアリーナツアー20公演

THE YELLOW MONKEYが再び集結するという情報が1月8日の0:00に解禁され大きな話題を呼んでから、約4ヶ月。全国ツアー<THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016>が、国立代々木競技場 第一体育館にて5月11日の19時より遂に開幕する。

イエモン復活を目の当たりにした人達は大盛上がり!

代々木初日! アリーナ五列目て… おれらのイエローモンキーは15年たってもイエローモンキーでした♪ pic.twitter.com/Bl3gIbhjaF

イエモンてどんなバンド?

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本のロックバンド。愛称・略称はイエモン。
2012年現在、CD総売上枚数は1008万枚[1]。
1988年に結成、2001年1月より活動を停止し、2004年7月7日をもって解散した。
2016年1月、再結成と16年ぶりの全国ツアーを発表。

デビッド・ボウイなどのグラムロックをそのルーツとしているが、昭和歌謡、GSを思わせる日本人らしいワビサビのきいた、非常にポップかつセンチメンタルなメロディーが特徴で、独特の「和風ロック」ともいうべきスタイルを確立している。

この派手さはグラムロックに由来しています。グラムロックとは70年代に流行ったロックのスタイルです。ど派手な衣装とメイクでどこか中性的なイメージもありました。その代表アーティストにデヴィット・ボウイ、T・REXなどが挙げられます。

デヴィット・ボウイは奇しくもイエモンが復活を発表した直後の2016年1月10日に亡くなられました…。

グラムロックいいよね!!!! デヴィッドボウイとかもイエモンも曲調が個性的やし、何しろエロい!!!! pic.twitter.com/7CDh8w7CtP

レミーに続くかのようにボウイが亡くなられた。 ただの偶然なんだろうけど、このタイミングでのイエモンの復活劇とかなんだか意味があるような、ほんとに奇跡のような話だ。 グラムロックよ永遠なれ。 pic.twitter.com/3nxiJnzz1Q

グラムロックとは…?

グラムロック(glam rock)は、主にイギリスで1970年代前半から中盤にかけて流行した、ロック・スタイル。由来は、魅惑的であることを意味する英語の"glamorous"から来ている。日本のロックやファッションシーンにも影響を与えた。

国内では、1970年代の日本からの最も早い回答である沢田研二らがいた。しかし、いずれも「グラム・ロック」と呼ばれることはなく、1990年代以降の「ヴィジュアル系」バンドの登場によって、初めてジャンルとしてカテゴライズされるようになる。1990年代以降のバンドとしては、THE YELLOW MONKEY、ROLLY率いるすかんち、毛皮のマリーズ、X JAPANなどがいた。

日本におけるV系の原型との説も。

その人たちが見た目で影響受けてたグラムロック聴いて落ち着くし泥臭くてかっこよくて好きになって そのうちXの良さわかってルナシーかっこいいってなって昔のV系も好きになってシャズナ聴いたときにギターかっこよすぎてルアージュのライブ映像みてこんなに両手離していいんだって衝撃うけて

近頃は"グラムロック"って言葉あまり聞かないけど…?

そんなことはありません!現代の日本のロックシーンにもグラムロックの遺伝子を持つバンドはいます!ここではそのなかでも特にオススメのバンドを紹介していきます!

ドレスコーズ

毛皮のマリーズのボーカルとして2011年まで活動、翌2012年1月1日にドレスコーズ結成。2014年、日比谷野音でのワンマン公演を成功させたのち、9月にリリースされた1st E.P.「Hippies E.P.」をもってバンド編成での活動終了を発表。以後、志磨遼平のソロプロジェクトとなる。

1 2 3





gilvalsさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう