1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なにか切りましょうか?「スタイリッシュすぎる」ハサミたち

みんなに見せびらかしたい。

更新日: 2016年05月14日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 33163 view
お気に入り追加

▼ スタイリッシュなハサミが物欲をそそる。

◇ メガネのようなシンプルはさみ

1731年ドイツで創業し、世界約100ヶ国でキッチンアイテムやハサミを取り扱う信頼のブランド ヘンケルスのハサミ。小回りの利くコンパクトサイズ、曲線切りに最適。

THE ハサミ、という感じでよくないですか? ヘンケルスのロゴをモチーフにしたデザインだそうです。

長時間の使用でも指が痛くなりにくい、柔らかい樹脂リングを採用。

お気に入りのはさみ。上のは凄く軽い力で切れる。下のは今日買ったヘンケルスの長いやつ。 pic.twitter.com/JRjrvNwz3M

◇ 使っていない時も存在感タップリのはさみ

特徴的なデザインのハンドルと、専用スタンドが組み合わさったこちらのハサミ。なにかのオブジェめいたフォルムは、デスクやキッチンで独特の存在感を主張してくれそうです。

◇ 数学的すぎるはさみ

「切る」というハサミの機能と、「使いやすさ」という人間のユーザビリティに徹底してこだわったハサミだ。それは従来のものとは全く異なるデザインであり、ハサミの既成概念を変えるものだといえよう。

機能性を損なうことなく、使い勝手と見た目の美しさを両立したこのハサミの秘密は、黄金比。
数学と芸術の融合が、その素晴らしいバランスを生んでいるのです。

従来のハサミは穴が二つだが、このmathematicsは人間の指のグリップを向上させ、切るときの疲労を軽減させる効果がある。

また丸で囲んだ側面はカットしている最中の指を保護し、切削抵抗を軽減する機能を発揮する。まさに切るという機能と使いやすさに徹底してこだわった形状だといえよう。

◇ スタイリッシュすぎて自慢したくなるはさみ

刀の産地で有名な岐阜県の関市で職人の手により作り出されるハサミは切れ味も抜群。

見た目からは想像できないほど持ちやすく、利き手を選ばずどちらの手でも使用することができるユニバーサルデザインになっています。

CDTが掲げる日本の技術と現代デザインの融合が見事に実現しているアイテムだと言えます。

クラフトデザインテクノロジーのはさみが届く。両利き対応のユニバーサルデザインではさみとしてのクオリティーもGood!

◇ ブレスレットすぎるはさみ

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう