1. まとめトップ
  2. 雑学

どのタイミングで歯医者に行けばいいのか…何か目安はあるのか?

歯医者に行くタイミングがわからない、と思ったことがありませんか?何か違和感があって変だけど、むし歯ではないかもしれないし、放置しておけば治るかも…と思うことがあるかもしれません。ひとつの目安は、「しみるかどうか」です。暖かいものがしみるのであれば、むし歯が進んでいる可能性があります。

更新日: 2016年05月17日

junior_さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 40487 view
お気に入り追加

▼ 歯医者に行くタイミングが悩ましい

・明確な症状がないと行かない人が多い

皆さんが歯医者に行く「決心」をされるのは、多くの場合、お口のなかになんらかの問題が起きたときなのではないでしょうか

▼ 様子を見ても良くならない

病気はかなり進んでいるということなのです

歯科の場合はどうでしょう。歯科分野の代表的な病気であるむし歯と歯周病では、「少し様子を見る」ことは良い判断とはいえません

▼ 違和感を感じたらすぐに行く

「詰め物が取れても放っていたバツだね」と言われ、神経を抜いて来ました。こんな事になるならすぐに行けば良かったと後悔しました

▼ 冷たい水がしみたら歯医者へGO!

甘いものや冷たいものがしみたりします

冷たいものや熱いものが「しみる」と感じだす。冷たいものがしみる時は虫歯の初期、暖かいものがしみる時には進んでいると考えられる

暖かいものがしみるまで放置すると、神経が腐り、顎の骨が腐る場合も

象牙質まで進行した虫歯で、歯髄(神経)に近づくにつれて歯のしみや痛みを感じるようになります。象牙質は柔らかいため虫歯の進行が早く、歯を大きく削らないためには“早急な治療”が必要です。

1 2





junior_さん

「読んでよかった!」と思ってもらえるようなまとめを作成したいと思います。

Twitter⇒http://ow.ly/QjbNY



  • 話題の動画をまとめよう