1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

米に鍋、服まで!?各メーカーがカレー専用◯◯に情熱を注いでいた。

よりおいしくカレーを食べるために!より快適にカレーを食べるために!様々なメーカーが、カレーオリジナルな商品を開発していました。

更新日: 2016年06月27日

ringo-mikanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
57 お気に入り 39770 view
お気に入り追加

カレー専用の「お米」!

国民食と言ってもいいカレーのために、27年の歳月をかけて作られたカレーにあう専用米。

1缶270g(2合弱、ご飯茶碗4~5杯分)なので、家族で約1食分。炊くときは缶1杯分のお水でOK!

ジャポニカ米とインディカ米の特長を合わせもった、カレーのための新しい品種です。見た目は少し細長く、ひと粒ひと粒がしっかりしていて、お米表面の粘り気が少ないため、塊にはならず、カレーのルーによくなじみます。

「粘り気が少ない」「柔らかく弾力性に富む」
この2つが華麗舞の最大の特徴です。
ひと粒ひと粒がしっかりしているからコシヒカリのように塊にならずカレーのルーがお米全体によくなじみます。

カレー専用の「ビール」!

注:カレー味のビールではありません。カレー好きの方には勿論ですが、カレーと一緒でなく、そのままでも美味しくお飲み頂けます。

「CURRY LOVER ALE(カレーラバーエール)」
静岡県伊東市の宇佐美麦酒製造が開発したビールです。

ドーナツとコーヒーの相性のように、カレーのスパイスに対するビールのモルトの甘味に活路を見出し、ビールの風味と喉ごしの最良な相互関係を追求した一品。

カレー味のビールではなく、カレーにあう味のビールです。

このビールは、なんとカレーのスパイスとモルトの甘味でカレーが進むと言うなんとも興味深いビール

実際にカレーを食べつつ飲んでみると、スパイシーなカレーの味わいを損なうことなく、なおかつスプーンが進むじゃないか。まさにカレーのことを考えて、カレーのために作られたと実感できる。

カレー専用の「しょうゆ」

独自の配合で甘口醤油の風味と甘みを活かしながらカレーにコクと旨味を加えています。甘口醤油の甘みを感じたあとに、カレーの苦みと辛味を感じ味に深みがでます。

試しにボトルから注いでみると、醤油なのに確かにジュレ状でした。市販のとんかつソースより、粘度高め。そして、色は濃いめ。

ちなみにカレーだけでなく、チーズやアボカド、揚げ物やサラダなどさまざまな料理に合う調味料としても使えます。液ダレしにくいため、部分的に味がほしいときにも重宝するとのこと。

カレー専用の「お皿」!

日本古来の窯元である日本六古窯のひとつとして有名な信楽焼き。歴史ある信楽焼きからは、カレー専用のお皿が販売されています。

カレーのすくいやすさを追求した結果、このような特殊な形状に。

1 2





エンタメ・雑学を中心に気になったことをまとめます。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Twitter: http://goo.gl/Cx7VUJ



  • 話題の動画をまとめよう