1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

柳楽優弥完全復活!ドラマに続き映画「ディストラクション・ベイビーズ」でも絶賛の声続出!

現在放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」で抜群の演技力を見せている「柳楽優弥」が映画「ディストラクション・ベイビーズ」でも絶賛の声が相次いでいます。

更新日: 2016年05月22日

yasu27kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 96981 view
お気に入り追加

▼子役としてデビューし現在も演技派俳優として活躍している「柳楽優弥」

子役としてデビューし、現在は大人のイケメン俳優として活躍している柳楽優弥さん。

2004年公開映画「誰も知らない」。こちらの映画はカンヌ国際映画祭に出品され当時14歳の柳楽優弥さんは史上最年少で男優賞を受賞しました。

最近表舞台から遠ざかっていましたが、またドラマや映画で柳楽さんを観る機会が増えてきました。

▼そして現在はドラマ「ゆとりですがなにか」に出演中!

“ゆとり第一世代”と呼ばれる1987年生まれのアラサー男子3人が世の中と向き合う様を描くドラマ「ゆとりですがなにか」

柳楽さんはいい意味でドス黒さがあります。酸いも甘いも経験して、いろいろな苦労をしたからでしょう。どこか吹っ切れた感じがして、見ていて気持ちがいいくらい

●ネットではこのドラマの柳楽優弥に対して絶賛の声が相次いでいます。

ゆとりですがなにか、も面白いな。柳楽優弥さんの演技好きだ。面白い。

ゆとりですが何か おもしろい。柳楽優弥良い演技するよなぁ。

ゆとりですがなにか、の柳楽優弥いいわー!演技うまいなぁ(素人意見ですが。)

ゆとりですがなにか だけ、ドラマ観てるけど、柳楽優弥の演技力は本当にすごい。かっこいい

▼そんな柳楽優弥は映画「ディストラクション・ベイビーズ」で主演を務めています。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』が、5月21日から東京のテアトル新宿ほか全国で公開される。

柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ら若手実力派キャストが集結し、愛媛県松山市を舞台に若者たちの欲望と狂気を描いた青春群像劇。

▼柳楽優弥はほとんどセリフがないという非常に難しい役を演じています。

暴力にとりつかれた主人公には『ゆるせない、逢いたい』などの柳楽優弥がふんし、ほとんどセリフのない難役を演じ切る。

「ひとりの少年の純粋な狂気にのみこまれる」のコピー通り、柳楽優弥演じる、芦原泰良の狂気が伝わってくるような映画です。

●難しい役にも関わらず、柳楽優弥の演技にも絶賛の声が相次いでいます。

ディストラクションベイビーズ柳楽優弥くん圧倒的

『ディストラクション・ベイビーズ』柳楽優弥ほんとに半端じゃないな…バケモンだよ…。「世代交代宣言」これマジですよ。

「ディストラクション・ベイビーズ」を見てきた。の巻。すごい作品。狂気がすごい。衝動がすごい。エネルギーがすごい。とにかくすごい。柳楽優弥がすごい。

てなわけでディストラクションベイビーズ初日見てきたわけだけど、すごく人間の衝動のすごさみたいなのを感じたなぁ。語彙力無さ過ぎてろくな言葉が浮かばないけど、柳楽優弥のアクションは、生身の人間の感覚とか反応を忠実に表現されててリアリティを追求したんだなあって伝わってきてすごかった

1 2





yasu27kさん

芸能ニュースやガールズニュースを中心にまとめます!興味のある方はお気に入り登録お願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう