1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大地讃頌にマジLOVE1000%…日曜の音楽番組がカオス

題名のない音楽会、のど自慢。日曜日の代表する音楽番組が同時にトレンド入りするという珍しい現象が…。その理由は?

更新日: 2016年05月22日

64 お気に入り 113161 view
お気に入り追加

■実は挑戦的で面白い『題名のない音楽会』

クラシックばかりじゃないのというイメージがあるかもしれないが、実はゲーム音楽やアニソンを取り上げている。

「伝統をアップデート」を主題に、良質な音楽を届けてくれる日曜朝の音楽番組「題名のない音楽会」。

4月3日にテレビ朝日で放送される「題名のない音楽会」のゲーム音楽特集第2弾「吹奏楽によるファイナルファンタジーの音楽」

「吹奏楽によるファイナルファンタジーの音楽会」と題し、「ファイナルファンタジー」シリーズの中から特に思い入れのある5曲をセレクト。

5月8日(日)に放送されるテレビ朝日系列の音楽番組『題名のない音楽会』にて、作曲家・田中公平さんを迎えアニソン特集

「ONEPIECE」、「創聖のアクエリオン」、「響け!ユーフォニアム」、「おそ松さん」、「進撃の巨人」、「魔法少女まどか☆マギカ」の楽曲が、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の演奏で

■5月22日は平成VS昭和 いま歌いたい合唱曲の音楽会だった

1962年に大木惇夫の作詞で佐藤眞が作曲した「混声合唱とオーケストラのためのカンタータ『土の歌』」の終曲

大地讃頌は今まで歌ったことのある合唱曲の中で一番好き

大地讃頌でいいのは、「ひとのこら〜」「ひとのこら〜」、「ひとのこら、だいちにかんしゃせよ〜」と、たたみかけていくところだなあ。

1991年に埼玉県秩父市立影森中学校の教員によって作られた合唱曲

でも旅立ちの日にはめっっっっっっちゃ分かる、これは最高にいい曲

やっぱり1番好きな合唱曲は"旅立ちの日に"だ。今でも歌詞の大体を覚えている。記憶に残る青春の1ページ。

■ご当地ネタを全面に押し出し、根強い人気ののど自慢

1946年の放送開始以来、長きに渡って放送されている長寿番組

去年70周年を迎えた。

「のど自慢素人音楽会」というタイトルでラジオ番組からスタートし、1953年のテレビ放送開始からはテレビ番組としても同時放送されている。

現在はNHK総合、ラジオ第1、NHKワールド・プレミアムで同時放送されている。

『のど自慢』の審査はどうやって行われている?

開催地のNHKの放送部長や、東京の芸能番組のプロデューサー・ディレクターが審査をしています。会館の別室に審査室を設けて、そこで審査員がテレビ画面を通して審査をしています。審査は基本的には歌のうまさが大きな基準です。出場者が歌っている最中に審査して、その結果を鐘を鳴らす秋山気清さんという方に伝えて、鐘を鳴らしてもらっています。

■5月22日はご当地長崎の武将のコスプレをした4人がマジLOVE1000を熱唱

テレビアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」の主題歌。代表的なヲタ曲。

のど自慢でマジlove1000%とかwwっちょっ、やめてーww面白すぎてww

のど自慢がトレンドに上がってるからまた誰かアニソンでも歌ったのかなぁと思ったら武将姿4人組がマジLOVE1000%歌ってた

■この2つの長寿番組の内容が同時にトレンド入りした

トレンドにマジLOVE1000%が入ってると思ったら、のど自慢で武将コスプレして歌ってたのか(・・;) ついにNHKのど自慢でうたプリが歌われるようになるとは… pic.twitter.com/sqdd5Pw6PH

両方とも結構なツイート数…。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう