1. まとめトップ
  2. カラダ

【顔汗ヤバイ】そんなときに試したい"制汗テクニック"

あくまで「顔」の汗に効くワザです。

更新日: 2016年05月26日

syuuumaiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
790 お気に入り 242468 view
お気に入り追加

蒸し暑くなると、顔汗に悩む人が続出

@pasta_inn 脇より顔がヤバイ!すぐ流れて目に入るくらい顔汗出る(;・;ω;・;)

顔汗ブシャァアの人はこの時期もう、もう……どう生きればいいんでしょうか? とりあえず眉毛が家出するからな?? しょっちゅう。 代謝がいいとか慰めにならんぬ

スマホでちょっと通話すると、耳と顔汗で画面が塩でガビガビになる

メイクしたけど 買い物行ったら汗で顔ドロドロ(´×ω×`)

運動不足、涼しい部屋に長時間いる、浴槽に浸からないなど、汗をかかない生活をしていると、汗を分泌する汗腺が活動しにくくなる

すると…?

冷えやすい下半身の汗腺は休眠状態に。汗を分泌するとき、下半身の汗腺は機能せず、動きの多い顔の汗腺からばかり汗が出るように

その原理を食い止めて、汗をかかなくするためには…?

舞妓さんの「半側発汗」の法則を利用

着物を着てるのにいつも涼しげな舞妓さんの秘密。

人間の体はどこかを圧迫すると、そこを境として半分が汗がでにくくなり、もう半分では汗をかきやすくなる仕組みがある

これが「半側発汗」。

たとえば左の脇の下を圧迫すると、顔面の左側と左上半身の汗が抑制され、逆に顔面の右側と右上半身の汗は促進される

舞妓さんは帯を胸の高い位置で結んで、顔の汗をかかないようにしていた。これは「芸者の高帯」と呼び、古くから知られている方法

この仕組みを日常利用するには…?

この部分を指先でギューッと押すか、ベルトや細い紐などできつめに縛って圧迫する。

水着みたいな格好じゃなければ脇の下、胸の上部あたりを締めると「半側発汗」といって顔に汗かきにくくなるよ。 男装の人はBホルとかで自然とやってたりするんだけど女の子やる時は気にしてみると結構違う。

指圧よりも継続的な効果が望めるかも?

ただし!この方法にはこんな弱点も↓

舞妓さんが行う「半側発汗」かぁ。 顔や上半身に汗をかかないようにするには、上半身をきつく締めるんだって♪ でもその代わり、 その汗は下半身に行くみたい… なんか…それはそれで嫌だね(´Д` )

とにかく顔だけは死守したい!というとき専用のワザですね。

手のツボを押す

手には発汗を抑えるツボがたくさん。

労宮(ろうきゅう)…手の平の中心にあるツボ。気持ちを落ち着かせる働きがある。緊張したときにはこのツボを刺激しましょう

合谷(ごうこく)…人差し指と親指の付け根が交わる位置で、少し人差し指側にあるツボ。体の代謝異常を正常にする働きがある

後谿(こうけい)…手を握った時に小指のつけ根にシワになる部分。ここのツボを指先で強めに押します

人前でも気にせず、いつでもできる。

首(リンパ)を冷やす

首以外には脇も効果的。でも人前では首の方がいいかも。

首の後ろには太い血管が。その血管に流れる血液の温度が高ければ高いほど顔から汗がでてくワケです。なので首の後ろや脇の下を冷やす事で顔汗をかかずにすみます

小さな保冷材のようなものがあれば良いのですが、緊急時にはコンビニで買った冷たいペットボトルなどをあてるのがオススメ

保冷剤を首の後ろに当たるようにストールに忍ばせておくと、おしゃれに顔汗を止めることができますよ

夏場は気持ちよさそう!

1 2





syuuumaiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう