1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

夏の風物詩は朝顔祭りに七夕!これからの東京祭りは楽しみ!

2016年夏の風物詩お祭りや行事をチェック!早いお祭りは今週からスタート!楽しみだね~参考にしてね!湯島天満宮例大祭(天神まつり)、山王祭、入谷朝顔まつり、下町七夕まつり、2016新宿エイサーまつり

更新日: 2016年07月05日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
170 お気に入り 32062 view
お気に入り追加

今のうちにチェック!今年はどんなお祭りに行く?

湯島天満宮例大祭(天神まつり)5月28日~5月29日

2016年5月28日(土)と5月29日(日)の2日間、東京都文京区の湯島天神(湯島天満宮)で「平成28年湯島天満宮例大祭(湯島天神まつり)」が行われます。

学問の神様として知られている湯島天神では、例大祭の本祭は隔年ごと(西暦の偶数年)に開催されます。

日時:2016年5月28日(土)・5月29日(日)
時間:8:00~20:00
場所:湯島天神

ここの例大祭の神輿行列は住宅街を多く巡るところに特色がありそうです。

江戸里神楽の奉納や、生花展、盆栽展も行われ、境内及びその周辺には数多くの屋台が立ち並び多くの人で賑わいます。

・江戸里神楽 
・奉納生花展
・盆栽展

山王祭(さんのうまつり)06/07 ~ 06/17

江戸三大祭の筆頭として、さらに京都の祇園祭・大阪の天神祭と共に、日本三大祭に数えられているお祭りで、例年6月に開催されます。

11日間の期間中は毎日多数の行事がとり行われ、毎日通っても飽きないほど。

【開催日時】2016年6月7日(火)~6月17日(金)
【会場】日枝神社 他
6月13日~15日の間夕刻より、境内では「山王音頭と民踊大会」が催される。

境内では太鼓の音も心地良い、楽しい歌と踊りの納涼大会をはじめとして、江戸時代の伝統芸能である邦楽やお茶、お花など様々な行事が開催されます

山王日枝神社で執り行われる「山王祭」は6月15日の例祭を中心に6月7日から6月17日まで行われる祭礼の総称。

日本橋のメインストリート、中央通りを埋め尽くす担ぎ手たちの熱気をぜひお楽しみください。

東京都心を約300mの祭礼行列が練り歩きます

入谷朝顔まつり 7月6日~7月8日

入谷朝顔まつり(朝顔市)は毎年7月の6・7・8日の3日間開催します。

明治初期、入谷の十数件の植木屋が朝顔作りを始め、年々大輪や珍花を咲かせ、評判になりました。

谷鬼子母神を中心として言問通りに120軒の朝顔業者と100軒の露店(縁日)が並び、毎年40万人の人出で賑わいます。

江戸時代から夏の風物詩として江戸っ子に親しまれてきた朝顔。時代を超えて、江戸の夏が感じられる三日間です。

最盛期の頃は、花粉の交配によって一千種類もの朝顔が花を咲かせたといいます

第29回 下町七夕まつり 7/6 ~7/11

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう