1. まとめトップ
  2. 雑学

貯金はいいことです...だけど「目的のない貯金」は危険かも

言わずもがな...「貯金」はとても大切ですが、「目的のない貯金」になっていませんか?

更新日: 2016年05月26日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 92009 view
お気に入り追加

言わずもがな...「貯金」はとても大切です

「なぜ貯金をすべきなのか?」それは、今後の自分の将来に向けて大きな武器となるからです

だけど、「目的のない貯金」は注意です

「何が起こるか分からない」と思って際限なく貯金を続けていると、お金を使って楽しむ前に人生が終わってしまいます

使い方が良ければそれは人生に良い影響を与えるし、理想的に使えなければ、いくら貯めても無駄になる

貯金をすればするほど不安になる

お金は、人の心をとらえるすごい力を持っている。とらわれてしまうと、いくらお金をためても、もう無限に求める

「30歳で1,000万円貯蓄する」という目標は達成できたものの、まだ足りないのでは……と、不安が消えないそう

そういう人に限って「自分へのご褒美」と称して、どうでもいいものを衝動買いや信じられない投資詐欺に手を出してしまう傾向がある

お金は使ってこそ人生が楽しくなる

お金は使ってこそ価値があります。お金が増えるだけでは、幸せにはなれません

適度な貯金をしたら、あとは“今”を楽しむことが自分の“経験値増加や視野の拡大”につながると考えます

平均して3000万円の貯金を残して死ぬという。3000万円の貯金と引き換えに、それを使って得られたはずのさまざまな経験をすることなくこの世を去っていくということだ

結局、「裕福」というのはお金を持っていることでなくモノを持っていることなのかも

「お金持ち=裕福」という考えを多くの人は抱いているでしょう。しかし、実際は「物をたくさん持っている=裕福」になります

実際に可処分所得が高い人の多くは、センスが良い悪いは別として、何らかのブランド品を身につけている

財産が1兆円あっても、それを使わずに、貧乏な節約生活をしていたら裕福とは言えないでしょう

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう