1. まとめトップ
  2. カラダ

女性にありがたい!ホルモンバランスを整える♡ヨガポーズ4選

ホルモンバランスが調子悪いと辛いですね。そんな時にバランスを整えるヨガポーズがあります。参考にしてね。弓のポーズ、橋のポーズ、月のポーズ、前屈のポーズ

更新日: 2016年08月23日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1133 お気に入り 59037 view
お気に入り追加

ホルモンバランスは大丈夫ですか?

まって今月生理くんの遅い。 なんか心配。 今月あと5日しかないよ。 ホルモンバランスが悪いのかな?

最近すぐイライラしてしまう(´Д` )ホルモンのバランス悪いかなw

女性が健康で美しくいるためには、ホルモンバランスがとっても大切です。

ヨガのポーズはホルモンバランスを整える!

ヨガが精神状態を安定させたり、ホルモンバランスや自律神経を整える働きがあるからです。こういうのって、なかなか他のスポーツやエクササイズにはないんですよね。

ヨガは体のゆがみを正してくれる効果があるほか、冷えや便秘を解消し、ホルモンバランスも整えることで生理不順の解消にもつながります。

女性ホルモンを活性化させてくれるようなヨガのポーズ!

ホルモンバランスが整うことで、生理周期も安定し排卵期が分かりやすくなるのもメリットのひとつ。

ヨガのポーズをとることで、妊娠しやすいカラダ、つまり血流がよく健康的なカラダづくりは可能と言えます

冷えを解消し、ホルモンバランスを整えることは妊娠しやすいカラダになります。

①弓のポーズ

「ダヌラ」=「弓」という名のとおり、決めのポーズが弓の形をしていることから名づけられました。

・両膝を曲げて、足のかかとがお尻に近づくように持ち上げます。
・両足の甲を、両手でつかみます。
・背筋を勢いよく反らせて、しばらくこの状態をキープします。

その状態で30秒程度自然呼吸をしながたキープして、息を吐きながら元の体勢に戻し、深呼吸をします。

無理をして腰に負担をかけないよう気をつけてください。

・ゆとりのある方は、キメのポーズの際に、ゆりかごのように前後に体をゆすると効果的です。

ホルモンバランスが整ったりすることで、生理中はもちろん生理前の様々な不調も改善されるはずです。

②橋のポーズ

腰回りの血流を高めてくれるこのポーズ。そのため、女性ホルモンの働きを促してくれ、子宮の正常な働きを導いてくれ、質の高い子宮を作るお手伝いをしてくれます。

自律神経に働きかけることで女性ホルモンのバランスを整える「橋のポーズ」

仰向けになり、かかとをお尻に近づけ、足は腰幅に開く

息を大きく吸って吐き、次に吸いながら太ももの裏の筋肉を使ってお尻を高く持ち上げ、身体全体が一直線になるように引き上げます。

息を吸いながら足で床を踏み、腰を高く持ち上げる。

女性ホルモンの分泌を促す効果もあり、生理不順の改善に効果的なポーズです。

③月のポーズ

全身の血流、特に子宮へ流れる血液の活性化を促してくれ、きれいな血をどんどん子宮へと運んでくれる働きをしてくれます。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう