1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

日本の伝統「瓦」がインテリア雑貨になると、とってもオシャレ!

日本の伝統「瓦」がインテリアに。とってもオシャレで、現代の暮らしによく馴染みそう。

更新日: 2016年06月03日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 8269 view
お気に入り追加

▼屋根の「瓦」が、日常使いの素敵アイテムに大変身です。

瓦を使ったプロダクトを提案する新ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」がデビューする。

「icci KAWARA PRODUCTS」のインテリアアイテムは、6月5日(日)からオンラインストアで販売される。

老舗の瓦メーカーとメディアクリエイターのハイロック氏が立ち上げた、職人の技術とデザインを掛け合わせた「瓦」のブランド

1916年に創業した一ノ瀬瓦工業が、日本では約1,400年の歴史を持つ瓦を「身近な場所でも触れてほしい」という思いから立ち上げた瓦ブランド。

日本の文化である「瓦」を、よりオシャレでカッコよく身近なモノに感じてもらうため、さまざまなアイテムに変身させちゃいます♪

▼現代の生活にも溶け込むスタイリッシュさが魅力的。

日本の伝統である”瓦”をより身近に、日常生活でも手にできるようにとの思いから立ち上げられたクリエイターズブランド。

和のイメージが強い瓦を現代の洋風な生活にも溶け込むようデザインされている。

「瓦」という日本のヒトカケラを「屋根の上からテノヒラの上に」をコンセプトに、日本の銀色を直接皆さまの手に触れられるようにと提案しています。

シンプルかつ温かみのあるプロダクトを展開している。

伝統ある日本の「瓦」の 本質を変えることなく、世界というレンズを通して新しいカタチを発信する。

渋い銀色のアイテムたちは、手にとって重さや手触り、質感を感じたくなります。瓦がこんなに素敵だなんて知りませんでした。

「いぶし銀」と呼ばれる独特の銀色は華やかではありませんが、しんとした日本的な美しさで存在感は抜群。

▼「瓦」の自然な銀色が暮らしに溶け込みそう!

第1弾アイテムではコースターやトレイ、ボウルなど全16種をラインナップ。

100%瓦の素材で制作した瓦製用土

100%瓦の素材で制作した瓦製バナナのオブジェクト

ドルマークのオブジェ

山梨の100年企業が”新しい瓦の価値”を提案し、日本の伝統を後世に継承するべく「手に取れる」アイテムが豊富に用意されている。

100%瓦の素材で制作したマルチボウル

00%瓦の素材で制作したコースター

1





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう