1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

なにコレ・・。かなり奇抜な「レコードプレーヤー」をまとめてみた

あえてアナログな音に注目したい。

更新日: 2016年06月05日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
81 お気に入り 24158 view
お気に入り追加

▼ このレコードプレーヤーならちょっと欲しい・・。

◇ かわいい自走式レコードプレーヤー

このレコードランナー、33回転再生用のレコードの上に置くと溝にそって走り、音楽を再生し始める。

新しく採用された交換可能な針やスピーカーなどにより、「今まで以上のサウンドクオリティを得ることができた」としている。

高い品質を保つために、整備から組み立て に至るまで全て日本で生産。『RECORD RUNNER』は世界中の音楽ファンを驚かせることでしょう。

レコードの黒に映えそうな、これら「レコードランナー」が、溝にそってスイスイ走る。その動きによって音が再生されるだなんて新鮮ですし、周囲の人に見せたらきっとみんな、ビックリしちゃうのではないかしら。

◇ スーツケース型

レトロなスーツケースを模したボディが特徴。バッテリも内蔵し、本体だけでレコードを再生したり、手持ちのコンポなどに接続して聴ける。

フル充電で4時間の再生が可能です。わずらわしい配線無しに場所を選ばずスマートにレコード鑑賞を楽しめます。

◇ コンパクトなレコード記録ガジェット

『Record Recorder』はお手持ちのレコードの音楽を、デジタルデータにしてパソコンに保存できるレコードプレーヤーです。

音楽CDを作成したり、スマホやiPhone、iPadに取り入れて、好きなレコードの曲をいつでもどこでも楽しむことができます。

◇ レコード自転車

そう、ホイールがレコードになっているのです!簡単に思いつきそうですが、本当にやってしまった行動力がスゴイですね。

オランダのアーティスト Pieter Frank de Jong 氏らが制作したもので、ペダルを漕いだホイールの回転がそのままアナログレコードの回転数になって再生されます。

例えばバラードを聴くのなら60BPM、ディスコサウンドならば120BPM、ハウスミュージックならば170~300BPM、といったように音楽のジャンルに合わせてペダルを一定の速度でこがなければならないため、乗りこなすまでには相当練習が必要かもしれません。

◇ 超シンプルなレコードプレーヤー

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう