1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本列島に梅雨の季節が到来。梅雨バテ対策に「ぬり絵」

気象庁から各地の梅雨入りが発表され特に被災された地域は土砂災害の危険性が高くなっているとして発表されました。また、この季節には俗にいう「梅雨バテ」も心配され予防と対策を紹介します。

更新日: 2016年06月05日

5 お気に入り 7545 view
お気に入り追加

日本列島に雨の季節が到来!各地で梅雨入り発表

気象庁は4日午前、「九州と四国それに中国地方が梅雨入りしたとみられる」と発表。

気象庁の予想では、6月は九州地方など西日本太平洋側を中心に降水量が平年より多い。7月に入ると東日本も含めて全国的に平年より降水量が多くなる。

梅雨は、春から夏への季節の変わり目に、雨の日が多く、日照時間が少ない現象をいいます。

梅雨入りの影響で、こんなことが心配されます。

熊本、大分の両県では相次ぐ地震で地盤が緩んでいる恐れがあるとして土砂災害への警戒を呼び掛けている。

「今年は河川の増水や浸水はもちろん、地盤が緩んでいる地域での土砂災害に例年以上に警戒する必要がある」としている。

梅雨入りの被災地では、

@sah_yan 遅くなりました。 今日の熊本市は、雨時々曇り予想。 雨で土嚢が重くなり、ブルーシートも重くなり…壊れた屋根が見え始めた家屋も。 二次災害に注意が必要です。 ※個人的感測にて、天気予報ではありません。 #T1GP pic.twitter.com/fF8MvgRuta

土砂災害の危険性が高くなっているとして、大雨が予想される場合は早めに避難するよう呼びかけました。

壊れた屋根に張ったブルーシートが破れるなどして雨漏りに悩む被災者が急増し、人手不足からシートの張り替えも進まず、不安が広がっています。

九州も梅雨に入った。熊本地震被災地では、屋根に被せたブルーシートの劣化が進んでいるという。業者では手が回らないという。梅雨を迎えて被災者には大きな不安要因。

屋根シートの張り替えに瓦職人さんや屋根屋さんを被災地以外から派遣できないものか。梅雨入りして雨漏りするだろうに。

遂に梅雨入りですね。。。 雨は必要だけど、多過ぎるのは困るよね。。。 被災地に大きな被害が出ませんように。。。

また、梅雨入りによるカラダの変調も心配されます。

気温差が大きく、湿度も高い影響で、体温調節がうまくできずに体調を崩すことがあります。

頭痛、めまい、食欲不振、疲労感、下痢、思考力の低下などが起こってしまいます。

しかし梅雨入りでも、ちょっと楽しい話題も

出典 Vimeo

チップチューン大好きなアリス・ザッペさんは、雨音をレトロなビープ音に変換する傘を作ってしましました。

大阪市東住吉区の市立長居植物園では、この時期を彩るアジサイの花が見頃を迎えている。

青白色や薄紅色など約30品種、約6200株が咲き誇り、訪れた人が風情を楽しんでいる。

(これで、本日の情報発信業務を終了します。今週もありがとうございました。来週もよろしくお願いします。 今日、隣の家のガクアジサイが咲いているのを発見!紫陽花は、色々な種類や色があり、大好きです。梅雨時期に向かってるんですね。屋根のビニールシートは大丈夫だろうか?)(りら☆くまこ)

今朝は鳥の声がよく響きます。梅雨の知らせかな? 太陽が隠れてると寂しいけど、代わりにアジサイ見ながら日曜を楽しみましょう。隅田川はアジサイがクライマックス。

このニュースはネットでも話題になっています。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう