1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

突然の雨や水没どうする。iPhoneの水濡れ応急処置が効きそう

iPhoneの水濡れ対策ってしていますか?梅雨の時期は外出時の突然の雨で水濡れする可能性も…そんな時に覚えておきたい応急処置と絶対にやってはいけないことを紹介します。

更新日: 2016年06月06日

428 お気に入り 118925 view
お気に入り追加

梅雨の時期は特に注意!iPhoneが濡れた時ってどうしますか?

iPhoneは水濡れに弱いので、突然の雨でiPhoneが濡れてしまった!という事態は避けたいものです。

「応急処置」と「やってはいけないこと」を知っておくことで、水濡れによるiPhoneの故障を防げます。

この「iPhoneの水濡れ」はネットでも話題になっています。

月曜に水没させたiPhone、無事でした!水濡れ反応も痕跡もなかったそうです。全体がボッチャンしたのにな……。よかったよー。 きっとこのカバーのおかげ!めっちゃ水に強そうやん? pic.twitter.com/0Bcux9uVHG

すこし水に濡れたのにiPhone壊れなかったのが奇跡ダァよ

あめにぬれたからiPhoneずっとマナーモードやねんけど ボタンきかん(笑)

熱湯にiPhoneを入れても壊れないというのを真似してやってもいいが 機種変するときにiPhone下取りに出しても水濡れは下取りできないから注意しろよな

応急処置の前に「やってはいけないこと」を

起動したままにしておく・充電をする・理由はショートしてしまいます。

iPhoneを振らない水を出そうとiPhoneを振るとさらに基板方面へ水が移動し腐食・ショートの危険が高まります。

ドライヤーを使えば手っ取り早いと思うかもしれませんが、iPhoneを急激に熱すること自体が危険なことです。

では、iPhoneが水に濡れた時の応急処置

・必ず電源をoffに

・カバー類はすぐはずし水分をふきとる

本体内部に水分が付着している可能性があるので、なるべく本体を動かさないように拭き取ってください。

ティッシュの先を細く丸めて、イヤホンジャックやDockコネクタなど細部の奥にあるも水分を吸い取ります。

・SIMカードを取り出す

iPhone購入時に付いてくるSIMピン、もしくは細いクリップなどを使ってSIMカードを取り出しましょう。

綿棒やティッシュの先を細めたもので、SIMカード差込部などの細部の水分を拭き取ります。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう