1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

人生の勝負所で使いたい…センス抜群な「手土産」5選

大切な人に挨拶をしたり、そういう大切な場面、人生で幾度かはあるもの。その時に使いたい、とっておきのプレミアムセレクション

更新日: 2016年06月09日

mimimi0330さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3064 お気に入り 586397 view
お気に入り追加

創業1702年、老舗寿司屋の逸品

江戸にぎり寿司の元祖である毛抜鮓を今に伝えるお店です。保存重視のもかかわらず驚くほど上品な味わい

笹には殺菌作用があり、古くは兵糧を包むのに使っていたという故事に、初代は習った

握り寿司の原型を今に残して、それを商い続けていることに深い感銘を受けるのだが、それはともかくとして味自体も大変素晴らしい

すべてキリッとした印象の奥にすばらしい素材の味をしっかりと蓄えていて、噛むほどに酸味の間にでてくる旨味と香りに感動してしまう品々

創業1702年(元禄15年)、東京に現存する最古の寿司店、神田小川町「笹巻けぬきすし総本店」の7ヶ入りを手みやげに。 ift.tt/1McITGn pic.twitter.com/H5tTpps1eZ

とにかく高級感が違う、京の心

老舗が軒を連ねる京都・ 室町通りに2009年8月に オープン

国際的なデザイン賞を受賞したパッケージは、目を惹く美しさで、お土産などにも重宝します

ヒカリエでおみやを済まそうと買いに行ったら、然花抄院のお店ができていた!京都で気になっていたお店。しかも、カフェも!生カステラは長時間の新幹線にはオススメじゃないとのことで、とりあえず自分用に。普通のカステラをおみやげに。 pic.twitter.com/shhxkNB8cC

数百円を追加すると黒い籠に入れてもらえるのが特徴です。受け取った方が包みを開いた時に、紙の箱とは違う特別感を抱いていただけるのでは

お菓子を食べ終えた後も使っているという声や、「籠を見るたび、いただいた時のことや相手のことを思い出す」というお言葉をいただいた

正方形の木箱に入った焼きカステラは、時季に合ったデザインが施されていて特別感を与えてくれます

そいから然花抄院てとこでカステラも食べてきました。めちゃめちゃ卵が濃厚な生カステラでこっちも絡みついてくる。味は優しいけど。京都の人は、とろっととかもっちりとか濃いのとか好きなのかな。お菓子大体もちもちしてるもんな。

室町時代から続く老舗の一級品

室町時代に京都で創業し、後陽成天皇に和菓子を献上して以降、皇室御用達の製菓業となった。約480年の歴史を持つが、明治時代になって東京に移った

1 2





mimimi0330さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう