1. まとめトップ
  2. カラダ

下半身痩せにも効果的!今日から足の裏のケアを始めよう!

エクササイズや食事制限をしてもなかなか痩せない…それ、実は、もしかしたら足裏のバランスが崩れているせいかもしれません。普段は意識することのない足の裏ですが、実はボディラインを深く関係しているようです。足の裏のケア、今日から始めてみませんか?

更新日: 2016年07月02日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1681 お気に入り 233927 view
お気に入り追加

▼とにかく痩せたいんだ…。

とにかく痩せたい痩せたい 晩ごはんどうしようかなあ

▼ボディラインがスッキリしないのは足裏のバランスが悪いのかも…

あまり意識したことはないかも知れませんが、足裏のバランスは全身のバランスとも言えるんだとか!

足の冷えや外反母趾、かかとのひび割れ。そして、脚のむくみや膝の痛みなどなど。こういったトラブルは、実は足にある「足裏アーチ」の崩れが原因なのかもしれません。

足は身体の大事なセンサーでもあります。私たちが2本足で立って、歩いて複雑な動きができるのは、足に無数の神経や筋肉や腱があり、脳と密接に連携してバランスをとっているから

▼いつもは気にならない足の裏。でも、実はとっても大切な部位。

合わない靴を履いたり、外反母趾などになってしまうと、指の位置が本来あるべき場所からズレて、各指の機能が低下します。そうなると、足裏で揺れや振動などの衝撃を吸収出来ず、足裏のバランスが崩れてしいます。

わかりやすく、比喩すれば、足裏は木の”根”と言えます。

足裏には「安定機能」「免震機能」「運動機能」の3つの機能が備わっています。これらの機能は、私たちの「美」と「健康」、
そして「進化」を守り続ける重要な役割をしている

たったふたつの足で全体重を支え、時には飛んだり、またあるときには跳ねたりして...体重の何倍もの重量がかかることもあります。

▼足の指の機能って知ってる?

■親指...頭を支える
■人差し指と中指...背骨を支え体軸を保つ
■薬指...肩甲骨の可動域を保つ
■小指...身体の横揺れを押さえる

親指は我々の体を「支える」大黒柱の役割をしてくれていて、小指は歩くとき外側に流れやすい人間の体を制御するようにコントロール

足指には本来、開いたり閉じたり上下させたりして微妙に動き、
全身のバランスを取る機能があります。

▼まずは足の裏を触ってみて!冷たくなってない?

ゴリゴリしたり、一部分だけやけに固かったり、冷たかったりしていませんか?

足裏を触ってみたらゴリゴリする…なんて経験はありませんか?

1日ヒールで立っていたり、クーラーで冷えたりすると、余計にひどくなってしまいます。そのままメンテナンスをしないでいると、肌が荒れてボロボロになったり、頭痛や生理痛の原因にもなります

足指が変形し、バランスが低下すると、身体は無意識のうちに間違った筋肉を使い、これを補おうとします。 足指の機能低下は、足アーチの変形に繋がり、さらに身体のバランス悪化を招きます。

□足の裏のセルフケアを始めよう!簡単だから続けられる!

美しいボディラインを作るには全身の土台となる足裏の安定が必要不可欠!
足を多く出す季節にもなりますので、しっかりとセルフケアを始めましょう。

①足の裏をマッサージ。

足の裏、甲をしっかりとマッサージ。
足の裏を刺激すればリフレッシュにもなります。

足裏のマッサージは「痛気持ちいい」程度の強さで行いましょう

血流がよくなると、硬くなった筋肉が柔らかくなりクッション性が向上するため、歩行が安定する。これは全身の姿勢をバランスよく整えることになり、腰痛や肩こりの改善にもつながる。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう