1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Appleの「WWDC 2016」で発表された内容をざっくりまとめ

WWDC 2016「iOS・macOS・watchOS・tvOS」を中心としたソフトウェアに関する発表をまとめました

更新日: 2016年06月14日

LuvShmmyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 83544 view
お気に入り追加

14日午前2時(日本時間)から開催された「WWDC 2016」

出典ach.mx

iOS・macOS・watchOS・tvOSを中心としたソフトウェアに関する発表内容がメインになった。

「watchOS」の新バージョン、「watchOS3」が発表

アプリを素早く切り替えられたり、手書きでの文字認識ができるようになったりと、大幅な改良が加えられます。

アプリの起動速度を改善。watchOS 2では何秒も待っていたアプリ起動がほとんど一瞬に。7倍高速。

使い勝手がiPhoneに近づくので、より自然に使えるようになるはずです。

「Dock」が搭載され、アプリケーションの起動がスムーズになります。

バックグラウンドに待機させているアプリをすぐに起動することができ、またDockからアプリケーションの状態の確認も可能です。

定期的に深呼吸を促すようにアプリケーションから指示がはいり、その結果健康状態がよくなると強く力説していました。

新しく「Breathe」アプリを追加し、深呼吸するための活動を促すことで、日常生活において深呼吸することが自然に行えると説明しました。

「watchOS 3」の開発者プレビュー版は本日より提供を開始し、一般向けには今秋にリリース予定です。

次期Mac用OSの名称は「macOS Sierra」に。

15年間親しんだ「OS X」の名前が代わり、「macOS」になります。バージョン名は「Sierra(シエラ)」になると発表がありました。

「Sierra」(スペイン語で山脈やノコギリという意味)。

macOSにも音声パーソナルアシスタントのSiriが搭載され、自然な言葉でファイル検索を行ったり音楽をかけるデモなどが披露された。

起動した「Siri」は画面の右上に表示され、「Spotlight検索」やiTunesのコントロールなど様々なアクションをすることができるという。

Apple Payを、Touch IDデバイスを搭載したデバイスで認証し、MacのSafari上で決済出来る「Apple Pay on the web」機能を提供する

デベロッパー向けのプレビュー版は今日から提供開始され、公式リリースは2016年秋に行うそうです。

「macOS Sierra」でMacのハードウェア条件を引き上げ。Late 2009および2010以降のモデルがアップグレードの対象になるようです。

「tvOS」の新機能を発表。

Apple TV(第4世代)向けの基本ソフト「tvOS」の機能向上を案内した。

音声アシスタント「Siri」で番組内容の検索が可能となったほか、指定キーワードによる番組/配信サービス横断型の検索にも対応。

Siri検索でYouTubeの動画検索が行えるようになるだけでなく、ライブ中継上の番組も検索することが出来るようになると説明しました。

「iOS」でログインしていると「Apple TV」側でも引き継いでくれるシングルサインオン機能が搭載される

ダークモードや自動ダウンロード機能が搭載され、「iOS」向けに新しい「Remote」アプリが提供されます。

本日より開発者向けにプレビュー版の提供が開始され、今年の秋に正式版がリリースされる予定となっています。

1 2





LuvShmmyさん

「衣・食・住」に関する事を中心にまとめます。日々のライフスタイルが少しでも楽しくなってもらえたらと思ってます。。。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう