1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

無意識にやってるかも…車の寿命を縮めてしまう行動

目覚ましい進化を遂げている自動車。機能面でなくパーツの強靭化などによって寿命も延びています。しかし、そうは言っても自動車に故障はつきもの。もしかするとアナタの日頃の何気ない行動が愛車の寿命を縮めてしまっているかもしれません。

更新日: 2016年06月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 126732 view
お気に入り追加

■進化を続ける自動車

今や自動車は走るコンピューターともいわれ、足回りやエンジンの制御、自動料金収受システム(ETC)など外部とのやり取りから衝突防止のような安全機能まで、数多くのIT(情報技術)が使われている

自動車がはじめて作られ、この100年で劇的な進化を遂げました

■自動車は進化とともに、その寿命も延びている

関係機関の調査によると、自動車の平均寿命(使用年数)は平成21年3月末の時点で、11.68年

■とは言え、自動車に故障はつきものです

まさかの車が故障し予定では雨が降る前に布団がとりこめたのに修理工場に行ったため布団がずぶ濡れに・・・(´・ω・`)

■もしかするとアナタの何気ない行動が車の寿命を縮めているかも

据え切り

パワステのついている車は据え切りをすることを前提に、頑丈に作られて居る場合がほとんどなので、パワステのない車に比べれば平気ですが、タイヤ・ステアリングなどに大きな負担が掛かるのは変わらない

エンジンをかけてすぐに発進する

車のエンジンをかけたら即スタートしたい所ですが、いきなり走り出すのは車を傷める原因です

人間が運動をする際にウォーミングアップが必要なように、車の心臓とも言われるエンジンは暖機運動で労ることが大切

暖気運転をすることによって、エンジンに負荷がかかりにくくなります

車に乗らない日が多い

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう