1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

デスノ,タイバニ,NARUTO…期待しか出来ないハリウッドで実写化の名作!

「鋼の錬金術師」「ジョジョ」「銀魂」…あの漫画の実写化にみんな阿鼻叫喚…。でもその一方でハリウッドでの実写化には期待の声も多い!「デスノート」「NARUTO」「TIGER&BUNNY」あの名作たちがハリウッドで蘇る…!ほんの少しの不安と期待を込めまくりながらまとめてみました!

更新日: 2016年06月14日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 59074 view
お気に入り追加

「鋼の錬金術師」「ジョジョ」に「銀魂」…名作が実写化されると話題に!

人気コミック『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)が、Hey!Say!JUMPの山田涼介を主役に、実写映画化されると発表された。

“実写映画化説”が浮上しては消えていた『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)だが、ついに2018年、実現することが決定したようだ。主演は数年前に報じられた嵐・松本潤ではなく、現在“最もマンガ実写化に適した俳優”と称される山崎賢人が務めるという。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気マンガ『銀魂』(共に集英社)が、小栗旬主演で実写映画化することが分かった。関係者によれば間もなくクランクインを迎え、公開は2018年を予定しているという。

漫画の実写映画化やドラマ化については、ファンからは「原作の良さが消えてしまう」「原作のイメージがぶち壊しになることが多い」という声も多く上がっています。

なんで漫画やアニメを実写化しようと思うのか。普通に映画は映画として作ったものが1番面白いと思う

一方で…実は実写化に期待がかかる名作も!ハリウッドで実写化される作品が密かに話題に!

今度の映画も楽しみな「DEATH NOTE」は実はハリウッドでも撮影中!

2003年に『週刊少年ジャンプ』で連載が開始され、実写映画、TVアニメ、TVドラマと展開し、連載終了後も人気が衰えない『DEATH NOTE』。

映画『デスノート(DEATH NOTE)』の誕生から10年目を迎える2016年、続編となる『デスノート Light up the NEW world』が2016年10月29日(土)に公開される。

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉という最旬の若手俳優が競演を果たし、原作に存在しながらもこれまで触れられてこなかった“6冊ルール”を描く。

ハリウッド実写映画版「DEATH NOTE」は今月29日からカナダ・バンクーバーで撮影されることが明らかになった。

R指定映画として製作されるようだ。製作総指揮を務めるロイ・リーが方針を明かした。米Colliderの取材に対し、リーは「間違いなく大人向けで、R指定以下のレイティングになる可能性はゼロだ」とコメント。

「漫画の映画化としては、空想の要素がありながらもとても地に足がついた初めての作品の一つになるだろう」とリアリティーを重視していると明かしており、名前を書くだけで人を殺すことができるノート“DEATH NOTE”をめぐる攻防をハリウッドがどのように描くのか、期待が高まる。

ハリウッド版では、『きっと、星のせいじゃない。』のナット・ウルフ、ドラマ「LEFTOVERS/残された世界」のマーガレット・クォーリー、『ストレイト・アウタ・コンプトン』のキース・スタンフィールドらがキャスティングされている。

これは期待出来るかもね?ただ日本人の正義感とアメリカ人の正義感の差が地味にネックになるかもね。それこそライトの存在=正しき神という話が成立してしまう気がするw ハリウッド実写版「DEATH NOTE」今月末より撮影スタート! cinematoday.jp/page/N0083588

マジかよ!「NARUTO」もハリウッドで実写化される…!?

『NARUTO -ナルト-』とは、岸本斉史による忍者バトルアクション漫画作品。1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載され、2002年10月にはアニメ化もされ、世界的な大ヒットとなった。

『NARUTO -ナルト-』の欧米での人気は驚異的だ。これまでに30以上の国・地域で翻訳・発売され、フランスでは、コミック作品の人気ランキングで首位の常連を占める。

原作コミックス、アニメ共に人気だが、それ以上にブームを巻き起こしたのが何とテレビゲームだ。日本でも発売されている『ナルティメットシリーズ』においては、世界で1,000万本の売上を記録しているというのだから、驚きだ。

人気コミック「NARUTO-ナルト-」がハリウッドで映画化する企画が進行している。製作・配給は「ハンガー・ゲーム」「キック・アス」などのライオンズ・ゲートが手がける。

「スパイダーマン」シリーズを手がけたアビ・アラッドの製作会社アラッド・プロダクションが、新鋭の映像作家マイケル・グレイシーの監督作品として企画開発を行うことになるという。

プロデュースするのは、「X-MEN」「スパイダーマン」「アイアンマン」「ファンタスティック・フォー」「ブレイド」など、アメコミ実写化作品で製作や製作総指揮を務めたアヴィ・アラッド。

ハリウッド制作の実写版NARUTOは全然ありだと思います ドラゴンボールみたいにならなければの話だけど

みんなあの映画はトラウマになっているんですね…w

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう