1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

小屋から世界遺産まで、3Dプリンターが建築業界に革命を起こしそう

建設分野に進出した3Dプリンターの活躍?についてのまとめです。将来の建設現場を変えてしまうかもしれません。

更新日: 2016年06月16日

asuho_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 27161 view
お気に入り追加

アラブ首長国連邦で3Dプリンターによるオフィスが完成

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで、3Dプリンターで建設された“世界初のオフィス”が完成し、このほどお披露目されました。

使われた3Dプリンターは、3Dコンクリートプリンターというもので、高さ数センチずつ、建物の壁の断面にコンクリート状の材料を積み重ねながら、型枠なしで垂直の壁を作っていく機械です。

他の報道によると、3Dプリンターの導入によって、工期は50~70%短縮されたほか、人件費も50~80%削減されたとのことです。

イタリアでも建築用巨大3Dプリンターが完成

イタリアの3Dプリンターメーカー、WASP社は2015年9月、実物の建物を作れる巨大3Dプリンター「ビッグ・デルタ」を完成させた。

高さは12mと世界最大級だ。同社はこの3Dプリンター開発の目的は、現地で入手できる材料を使って低所得者層に低コストの住宅を大量供給するためだ。

1軒の住宅を「プリント」するのにかかる時間は材料によって異なる。早く固まるように配合されたセメント材料を使った場合は高さ数メートルの壁をわずか数時間で建設できる。

中国でも建設される

2015年には中国上海にある「WinSun」というデザイン会社が、3Dプリンターで5階建てマンションと1100平米を超える2階建ての豪邸を建築し、各国でもニュースとして取り上げられました。

こちらの会社はこれまでにも3Dプリンターで小さな小屋の製作は行っていましたが、コンクリートを出力して大きな建造物を作るのは、かなり大きな技術の躍進と言えます。

ネットでも話題に

建築と3Dプリンターを兼ね合わせた技術ってロボットの技術も組み合わせないとクオリティを上げれないんじゃないかな〜と思った。

進化する3Dプリンター、建築、医療分野など可能性が広がりそう、凄いな^ ^

ビルの建築を「印刷」と表現されるとものすごく困惑するなぁ。これが未来か。 ドバイで3Dプリンターだけで建設されたビルが完成 | ライフハッカー[日本版] https://t.co/nXHLarXmYW

将来無くなる職業リストに大工さん入ってたかな?最近一気に未来が加速してる気がする。 ドバイで3Dプリンターだけで建設されたビルが完成 | ライフハッカー[日本版] https://t.co/rd5O2JaSl0 @lifehackerjapanさんから

家だけでなく歴史的建築にも応用可能?

当時は1882年の着工から既に100年が経過しており、「完成まであと200年くらいはかかる」といわれていた。いずれにしても、自分が生きている間には、完成はしないものと諦めたのを覚えている。

ところが現在、サグラダ・ファミリアの完成予定は、12年後の2026年と大幅に前倒しされている。筆者が生きている間に完成した姿を見られそうな気配になってきたのだ。

1 2





asuho_manさん

漫画、政治経済問題、スポーツなど幅広くまとめていきたいと思います。分かりにくく複雑な事をシンプルにまとめたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう