1. まとめトップ
  2. カラダ

30代はダイエットが上手くいかない…そんな時はアミノ酸がイイかも

女性は、30歳を境に前と同じスタイルをキープ出来なくなったり、今までと同じダイエット方法で効果を感じられなくなってしまったりします。それってどうしてなのでしょうか?実は痩せにくくなった原因は基礎代謝の低下にあるようです。そこで必要なのがアミノ酸!アミノ酸の効果などをまとめてみました。

更新日: 2016年06月20日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
235 お気に入り 101395 view
お気に入り追加

▼夏だ!ダイエットの季節だよー!

夏こそ色々やらないといけないのだよ~。ダイエットも本気出さないとだよ!!

水泳ガチでやだけど痩せそうだから頑張ろ もう夏くるわ〜〜ダイエットとかゆって1キロしか痩せてない

夏だから本格的にダイエットしよう とりあえず通学路の坂でチャリから降りるのをやめようw

▼でも、女性は30歳になると前と同じように痩せるのは困難で…。

女性は、30歳を境に前と同じスタイルをキープ出来なくなったり、今までと同じダイエット方法で効果を感じられなくなってしまったり…。

「以前は食事を減らせばすぐに体重が減ったのに、最近まったく効果がない」「お肉の付き方が変わってきた……」といった
“体の変化”を実感する人が増えてくるアラサー世代。

30歳前後の女性には「頑張るほど太ってしまう」「何をしても効果が出なくなった」と、ダイエットの壁にぶつかるケースが非常に多い

▼なぜ30歳代のダイエットって難しいの??

成長期のピークを迎えた後、人間の体は徐々に衰退期間に入っていきます。20代までを攻めの期間と考えるなら30代以降は守りの期間

今まででさえも体型の維持が大変だったのに「これ以上!」となると、それに耐えるだけの忍耐力がある人も少ない

▼そして…痩せにくさの犯人は、基礎代謝量の低下が原因!

基礎代謝とは、生命維持に使われるエネルギー消費のことをいいます。呼吸をする、座る、心臓を動かす、体温を調節するなどといった体内・体外の動きも基礎代謝のひとつになります。

30代後半当たりから同じ生活、同じ食生活でも
最近太りやすくなってきた・・・。と感じるのは
基礎代謝の低下によるカロリー消費量の違いによるもの

基礎代謝が低下すれば、血行が悪くなり肌荒れもしやすくなるし、冷え症にもなります。便秘もしやすくなるし、太りやすくなる

~30代以降で基礎代謝が減る理由~

・運動不足。

ライフスタイルの変化。タクシーを使うようになって歩く量が減ったり、土日のうち一日は家でゆっくり過ごすようになったり……。

基礎代謝の18%は筋肉で消費されています。そのため、運動不足による筋肉量の減少は基礎代謝低下につながります。

・栄養バランスの乱れ。

睡眠や食事の時間がバラバラな不規則な生活を続けていると交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えが上手くいかなくなり、だんだん疲れて来ます。
すると、疲れを癒すために副交感神経が優位になって内臓の働きも低下し、身体全体を休めるモードに入って基礎代謝量が低下します。

ダラダラと食べ続けたり、ドカ食いをしたりなど、代謝能力を超えるような食べ過ぎは、代謝機能を疲弊させて鈍らせる原因に。また、炭水化物中心など偏った食事で、代謝に必要な栄養素が不足すると、代謝が滞り、脂肪として蓄積される割合が増えてしまいます。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう