1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

知らなかった!暑い日はついうっかりでスマホが壊れる

意外とちょっとしたことで故障になってしまうんですね…

更新日: 2016年06月17日

リットンさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 61602 view
お気に入り追加

夏は皆スマホを壊しやすい!?

スマホにとっては危険がいっぱいの季節でもある。実際「夏はスマホの修理が多い」と語るのはスマホ修理専門店のCEO。

夏は暑いが為に、背広は着ないで出かけることが多いだろう。そんな暑い夏、貴方は果たしてスマホをどこに入れているだろうか?

意外と多い「汗」での水没!

ポケットなどに入れていると自分の汗で壊れてしまうことが

気をつけるべきはポケットの中に入れっぱなしにする行為。実は、自分の汗によってスマホが“水没”する危険があるんです。

汗などで故障した場合は有償修理扱いとなる場合が多いようです。もちろん汗をかいた手でスマホを触るのもダメです。

「夏の日差し」でもスマホが壊れる!?

直射日光下など、スマホの温度が高くなりやすい場所では注意が必要です。最悪の場合バッテリーが膨張し、修復不可能な状態になります。

修復不可能…!怖すぎます。

最悪の場合、スマホ本体が発火したり、バッテリーが破裂したりといった、重大な事故につながる危険もあるのです!

40℃近くなる高温下での充電を避けることが一つ。車のダッシュボードに放置するのはもってのほかです。

ケースをしている人も危ない!

正直カバーはおすすめしません。カバー越しに温かいと感じるときは、おそらく安全温度をかなり超えていると思います。

手で触って熱いと感じたときなど、必要に応じて、こまめにスマホケースを外すようにするだけでも、効果的ですよ!

実は「防水スマホ」も安心できない…

「防水だから大丈夫!」という思い込みが、故障の原因になることがあります。

防水機能は「真水」を前提に作られており、塩分などを含んだ海水や汗は防水スマホでも故障の原因となります。

カバンの中でもココは危険

かばんの外ポケットなども要注意です!「人間にとって暑いところは、スマホにとっても暑い!」と覚えておくと良いでしょう。

意味一番安全なのは鞄の中ですが、いざ鳴った時に取り出し辛いと言う欠点が。そう、夏はスマホの大敵な季節なのです。

ポケットには本当に気を付けて

薄着になる夏場はワイシャツの胸ポケットに入れている方を時々見ますが、滑り落ちやすく、落下による破損・水没の報告が多いです。

もっと危険なのが尻ポケットに入れるケース。座る際にうっかりスマホ上に乗ってしまうと、画面が割れたり、本体が歪んだりすることもあります。

1





リットンさん

楽しくまとめていきたいです

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう