1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Bluetoothが格段にデキる子に。バージョン5は4倍遠くに2倍速く

日常生活に浸透しているBluetoothが次世代の規格を発表!Bluetooth 5は現状の規格からどの様な進化をもたらし期待できるものなのか?

更新日: 2016年06月17日

80 お気に入り 56259 view
お気に入り追加

Bluetoothの規格バージョンアップへ4倍遠くに2倍速く

新しくリリースされるBluetooth 5の新機能は?

放送のような一方通行かつ複数の端末へのデータの一斉伝送「データブロードキャスト」の容量も従来の800%と大幅に増やした。

最大約10mだった通信可能距離は同約40mになる。

「ただし、データ伝送速度2倍と通信距離4倍は両立せず、特に通信距離を4倍にした場合はデータ伝送速度が遅くなる」

「コネクションレス型サービス」向けの重要な新機能も搭載するそうです。

コネクションレス型通信とは、データ通信において、通信相手の状況を確認せずにデータを一方的に送りつける通信方式。

Bluetoothの現在と未来

手軽なペアリングというメリットはあるものの、やや通信速度の遅さがネックになってきたBluetooth。

現在、82億のBluetooth製品が使用されている。技術的進歩により、2020年までに導入される全てのIoTデバイスの3分の1以上に、Bluetoothが組み込まれることになる

ブロードキャスト容量は8倍にまで増加することから、位置情報やビーコン、ナビゲーションなどでの利用も増加するものとみられる。

これまでのペアリングを前提とした接続から、「コネクションレス型IoT(InternetofThings)へと移行する」

このニュースはネットでも話題になっています。

次期Bluetooth規格「Bluetooth 5」は情報量8倍、速度2倍、範囲4倍に。今年後半から来年初頭にも実用化の見込み。 ascii.jp/elem/000/001/1… pic.twitter.com/1dwXd2uNZn

Bluetooth 5、消費電力そのままに到達距離は4倍、伝送速度は2倍にアップ。つまり4✕2で従来の8倍凄いのだ!

bluetooth5.0?、どのくらいまで機能がよくなるか楽しみですが。ハイレゾオーディオコーデックも来るんかな

一方でこんな声も…

Bluetooth 5の「通信範囲4倍、速度2倍でキャパシティは8倍だ!!」って、計算は合っているんだが、なぜかゆで理論っぽく聞こえて仕方がないw

bluetoothのイヤホンの音が途切れまくる現象の原因を探ろうとして、不本意ながら「妨害電波」などという、集団ストーカーの被害妄想の人が検索してそうなワードをググってしまう木曜日の午後 実際どんな電波がBluetoothに干渉するんだろう?電子レンジは最悪だと聞くけど

マウスにしろヘッドホンにしろBluetooth機器はPC本体側のCPU負荷が高くなると挙動が渋くなるのどうにかならんのかなぁ

次世代Bluetoothに期待できる事やメリットは?

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう