1. まとめトップ
  2. カラダ

美容効果もあり!「ピーナツバター」の脂肪は太らなくて、むしろダイエットの味方に

あま~いイメージのピーナツバター。実は日本独特のイメージで、海外では別物だということが判明。ピーナツバターメーカーも使って手軽に楽しい生活をおくってみませんか?

更新日: 2016年06月19日

tkfreeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
177 お気に入り 73106 view
お気に入り追加

女性こそ、美容効果のあるピーナツバターを食べておきたい

女性こそ、ピーナッツバターを摂るべきなんですって。たとえダイエットしていても、いいえダイエットしているからこそ摂るべき

そもそもピーナツバターはあんなに甘くない

日本製のピーナッツバターは水飴が混ぜてあって、甘過ぎてとても食べれるものではない

一方、こんな効果が期待できるのも嬉しい

ビタミンEは抗酸化物質、老化、そして細胞にダメージを与えることを防ぎ、赤血球の作成にも関与

カロリーがとっても高いイメージのピーナッツバターには、身体にいい栄養素だってたっぷり!

意外と知らない!ナッツの脂肪は悪くない

脂肪分は予想どおり過多。でもね、この脂肪分はピーナッツ、つまりナッツ由来。脂肪は脂肪でも、体にいい「不飽和脂肪酸」

悪玉コレステロールと戦い、体脂肪を溜まりにくくしてくれる成分「オレイン酸」が含まれているので、オリーブやアボカドなどと同様、ダイエットの強~い味方

今はピーナツバターも自宅で作れる

ホームメードでピーナッツバターや他のナッツでバターを作成でき、既製品よりおいしくヘルシーに作成可能

今までのピーナッツバターの常識を覆すような、実際に食べてみないと味わえない感覚

ピスタチオ・クルミ・マカダミアナッツなど、ナッツ類であればなんでもバターにすることができる

その場で作った新鮮なピーナッツバターが
にょろにょろっと機械から出てきて...はい、完成!

プレーンのピーナッツバターはもちろんのこと、蜂蜜やチョコレート、砂糖、シナモン、塩など甘みやスパイスを加えて楽しめる

アーモンドやヘーゼルナッツなんかもすり潰せますから、一風変わったナッツ・スプレッドができます

無理せずピーナツバターを食べて、健康になろう

午前中などの早い時間にピーナッツバターを摂取すると、その日1日満腹感を得続ける傾向にあることが判明

1 2





tkfreeさん



  • 話題の動画をまとめよう