1. まとめトップ
  2. カラダ

リバウンドしにくい!フランス発のデュカンダイエットとは?

極端な食事制限や苦しい運動をしなくても食べながら痩せることができるフランス発のデュカンダイエットがリバウンドしにくいと話題になっています。

更新日: 2016年06月25日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1268 お気に入り 137040 view
お気に入り追加

海外セレブにも支持されてる「デュカンダイエット」とは?

無理なダイエットをしたりジムに通ったり...そんなダイエットをしているフランス人女性はあまりいないとよく聞きますが、フランスの女性は食事を楽しみながら体型を維持していると言われていますよね。

そんなフランス人の間で有名なダイエット方がデュカンダイエット♪

ダイエットをしないことで知られているフランス人の間で 最も知られているダイエットと言えば、 ピエール・デュカン博士が考案したデュカン・ダイエット。

このダイエット自体は決して新しいものではなく1980年代から徐々にフランスから広がっていったものです。

出典4meee.com

キャサリン妃をはじめ、多くの海外セレブにも支持されてるダイエットとしても有名です。

海外ではジェニファー・ロペスなどがこのダイエット法を実践しているとされています。

食事制限をするダイエットが続かなかった、反動でリバウンドしてしまったという経験がある人には特におすすめです。

4つのフェイズに分かれたダイエット法というのが特徴

ルールを守れば、美しく健康的に、しかも確実に体重を落とせると話題になり、現在までに世界700万の人々に愛されるメソッドとなったデュカンダイエットは4つのフェイズに分かれ、それぞれに食事メニューが異なります。

スーパーで手に入る食材だけで続けることができます。外食先でもメニュー選びに気を付ければ実行できますよ♪

それぞれの段階で摂取する栄養素が異なり、食事内容が決められています。脂肪をカットしますが、それさえ乗り越えられれば、効率よく減量できるはずです。

●一段回目(アタック・フェイズ)

アタック・フェイズは急激に体重を落とす期間です。

脂肪分の少ないビーフ、子牛、皮なしのチキンやターキー、魚介類、卵(1日2個まで)、無脂肪の乳製品といった良質なタンパク質だけを摂取します。

まず、このダイエットの第一段階目は急激な体重の減少をする期間から始まります。

ここでほぼ無制限に食べて良いのはビーフ、仔牛、チキン(鳥皮はダメ)、ターキー、魚介類、卵(1日2つまで)、無脂肪の乳製品で、 同時に水を沢山飲むことが義務付けられています。

このアタックフェーズは、10日以上続けてはいけない決まりで、体重を3−4キロほど落としたい人は一日、体重を5−7キロ落としたい人は3日ほど続けると良いと言います。

●二段回目(クルーズ・フェイズ)

クルーズ・フェイズは、目標体重に到達する期間。

たんぱく質のみを摂取する日とたんぱく質+野菜を摂取する日を1日ずつ交互に行う。期間は目標体重に到達するまで続けてください。

たんぱく質だけを食べる日と、たんぱく質と野菜を食べる日を交互に、目標の体重に到達するまで続ける。

野菜は緑黄色野菜を中心とし、炭水化物が含まれるジャガイモ、かぼちゃ、にんじん、コーンなどは避けましょう!

●三段回目(コンソリデーション・フェイズ)

コンソリデーション・フェイズはリバウンド防止期間。

1日に1カップのフルーツと麦パン2枚を追加してもOK。
そして、週に2回はライス、パスタなどの炭水化物を150グラムずつ食べることが許されますが、食事の中心は常にたんぱく質。バターやオイル、さらに脂分の多い肉は引き続きNGです。

リバウンドを防止するための準備期間で、この期間でやっとほかの栄養素を摂取し始めましょう。

2段階目までで減らした体重×10日、つまり3キロ落ちたら30日間この段階を続けます。

週に2日はご飯やパスタもOKですが、基本はタンパク質。脂質の多い食品は引き続き控えます。

●四段回目(スタビリゼーション・フェイズ)

スタビリゼーション・フェイズは維持期間。

ここにたどり着くまでにだいたいの人が食欲コントロールすることができるようになっているので、ここからのフェーズは毎日野菜、果物、たんぱく質、適度の炭水化物をバランスよく食事を摂るようにしましょう。

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう