1. まとめトップ
  2. 雑学

命を奪うことがお仕事な「あの企業」の隠れた秘密

ご丁寧に…。感心します

更新日: 2016年06月22日

Takashix09さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
64 お気に入り 150678 view
お気に入り追加

わたし達の生活の支えになってる

害虫の中には、人体に直接的にダメージをあたえる種類も存在します

虫の命は粗末にしてる、駄目とはわかっていても手が勝手に殺虫剤持ち始めて…

命が平等とか全く思わないけど、例えばゴキブリを潰す時なんかでも、ごめん申し訳ない、くらいのことは思えるような、それくらいの人間らしさは保っていたい

そんな小さな命を弔うために…

護鬼佛理天像。 害虫駆除業者が自分たちが駆除したゴキブリたちを供養するために建立した像。 林泉禅寺・上北山村。 pic.twitter.com/nhvVyeDHxZ

害虫駆除サービス「SEARCH」を運営するSONOが、ゴキブリを供養するために建立した「護鬼佛理天像(ごきぶりてんぞう)」

“「鎮魂の碑」「いのちの碑」であり、ゴキブリ断絶を強く願う当社の「決意の碑」”と、短い文章だというのに突っ込みどころ満載だが、写真を見るとかなり立派な代物だ

ゴキブリ供養塔デザイン性に優れていてカッコいいよな

ゴキブリでもちゃんと供養しようというあたり、日本人らしいメンタリティが溢れていて好感がもてるうえ、なんだかやたらカッコイイというか強そうで、いい感じである。 みんなを護って戦ってくれそうだわ。 twitter.com/jemibiozoms/st…

「殺虫剤」のあの会社も

兵庫県赤穂市坂越の妙道寺で「虫供養」を行った。研究員ら約80人が、商品開発の実験で使用した害虫を弔った

2015年12月16日のできごと

神戸新聞NEXT|社会|アース製薬が害虫供養 寺に遺影並べ読経 kobe-np.co.jp/news/shakai/20… @kobeshinbunから 遺影に写っているのはゴキブリ、ムカデ、マダニ…… しかし供養する方は本気。小さな虫だろうが、その犠牲の上でヒトは生きているんだなあ。

神戸新聞NEXT|社会|アース製薬が害虫供養 寺に遺影並べ読経 kobe-np.co.jp/news/shakai/20… なんか、日本らしいやり方だよね。 まぁ、どうしても生物実験しないと、害虫駆除剤は作れないからね。

「蚊」たちにだって

自社の製品で多くの害虫を退治している事から、毎年1月に、加盟している業界団体の「日本家庭用殺虫剤工業会」が虫供養を実施している

キンチョーのWiki見てたら「年に一回虫供養を行っている」って書いてあって笑っっちゃった

アースやキンチョーや虫を研究している施設が毎年虫供養をおこなっているという話なんだか好き blog.goo.ne.jp/mushidoko64/e/…

「虫供養」の文化って意外とあるんです

本日、6月4日は虫の日。養老さんたちと鎌倉の建長寺で虫供養をしてきました。虫塚のデザインは建築家の隈研吾氏によるもの。 pic.twitter.com/VeeTwpHu5Y

佐賀市嘉瀬町にある貞享2年(1685)の虫供養塔や,福井県小浜市にある明和9年(1772)の漸得塚(善徳とも書きクロカメムシの方言),石川県小松市の2基ある天保10年(1839)の虫塚などが有名

県植物防疫協会は三日、農作物の害虫として駆除した虫の霊を鎮める「虫供養」を福井市寮町の県農業試験場内の虫塚で営んだ

1 2





Takashix09さん

HAL!進入口を開けろ



  • 話題の動画をまとめよう