1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

広島だけじゃない!エースのメジャー移籍後に数年で優勝した球団

エース前田健太がメジャーに移籍…。これで優勝が遠のいたかと思われた2016年、広島カープが25年ぶりの優勝を果たした。苦しい時期に投げ続けて来たエースが抜けたあとで皮肉にも優勝してしまう球団が意外と多かった。

更新日: 2016年09月15日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 30608 view
お気に入り追加

▼絶対的エース・前田健太がメジャー移籍…今年は厳しいかと思われた

▼そんな中で12球団一リーグ優勝から遠ざかっていた広島カープが優勝を決めた!

広島が25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした10日の巨人戦(東京ドーム)を生中継したNHK「プロ野球 巨人―広島」(土曜後7・30)の地元・広島地区の平均視聴率が60・3%(ビデオリサーチ調べ)だったことが12日、分かった。

瞬間最高視聴率は午後9時44分と同9時48分で71・0%。緒方監督と黒田、新井が胴上げされる場面と緒方監督の優勝インタビューの場面だった。

▼前田健太移籍後の優勝にちょっぴり複雑なカープファン

カープ優勝に当たって思う事は今年は昨年の悔しさがあって優勝出来たと思うけど昨年も今年と同じ首脳陣だったら優勝出来てたんじゃないかなって気がする。マエケンもついてないね

#みんテレtss 広島カープセ・リーグ優勝で嬉しいのですが、1つだけ残念な事があります。カープのエースとして優勝を目指して歯を食いしばって投げて来たマエケンが胴上げの輪にいなかった事です。マエケンの胴上げが見たかったなあ。

ひとつだけ欲求を言えば、マエケンのいる去年のカープで今年のこの優勝を味わいたかったなぁ。 エースピッチャー自らホームランを打ってヒットを打って得点につなげて、それでも勝てなくて悔しがってたあの顔…。それでもチームメイトへの気遣いは忘れなかった。 マエケンもいたら、喜んだろうに…

カープ優勝おめでとう。でもどうせならマエケンがいる間にして上げれば良かったのになって思った

▼エースのメジャー流出後に優勝するケースが意外と多い

大黒柱のダルビッシュ有がテキサス・レンジャーズへ移籍し戦力が大幅にダウンしたこともあり、多くの評論家がシーズン前の順位予想で日本ハムをBクラスに挙げた。

「今年、結果を出せなければユニフォームを脱がす。だから、フォアボールを気にせずにお前のボールをしっかり投げろ」

制球難で不振が続いていたが、栗山監督の言葉で吹っ切れた吉川は一気にブレイク。

・エースが抜けると逆に周りが奮起するんでしょうか

▼「たたき上げの広島式育成法」を捨てて成功した緒方孝市監督の指導

「無力なんだと感じた1年だった」。赤鬼と呼ばれた男は言った。真っすぐだが器用ではなく、超が付くほどの頑固者。厳しさは誤解を生み、闘志は空回り。

前時代的な根性論を捨て、目線を下げた。主力選手を食事に誘い、目指す野球を共有。一方で、平等な起用も続けた。試合後の監督室への呼び出しはやめ、開放感のあるグラウンドで、翌日に声を掛けた。

・元タレントの妻・かな子夫人ら家族の支えがあった

緒方可奈子43歳。
90年に中條かな子として芸能界デビュー。女優、歌手、パーソナリティーとして活躍。

「パパ的にはそういうつもりじゃないんだろうけど、書かれ方はこうだから、みんなにはこういうふうに伝わったということよねって。パパはそう思ってないかもしれないけど、みんなは違うように感じてしまうよっ」

はっきりと言ったら嫌がると思うので、パパの部屋に手紙を投げ込んで逃げるんですよ(笑い)。

長女は「周りの人やファンは心配するし、新聞を見た選手もあれ?って思うことがあるんじゃない?って。だから『俺は選手を思っているからこそ』とか、自分の思いをもう一言入れることが大事だと思うよ」

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう