1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

なぜそこまでする…本気で「命」をかけて撮られた映画5選

CG全盛のこの時代、ここまで本気を魅せる理由は「情熱」しかない

更新日: 2016年06月29日

iisanchosiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
464 お気に入り 151964 view
お気に入り追加

雪崩に巻き込まれて死にかけた

2015年 
監督:バルタザール・コルマウクル

世界中の登山家を魅了するエベレストで1996年に起きた遭難事故を、『ザ・ディープ』などのバルタザール・コルマウクル監督が映画化

撮影当時、9人のスタッフが大規模な雪崩に飲み込まれ、危うく死者が出るところだった

気温マイナス31度のなか、毎日12~14時間の屋外での撮影だった。スタッフで凍傷になった人もいた。まつげとか髪の毛は凍る。メークでない。出演者の息切れもすべて本物

エベレストめっちゃ面白かった。ブルーレイで観たけど映画館で3Dでみるべきだったなぁ…。現実を突きつけられて愕然とする映画が好きだな。

『エベレスト 3D』 この手の映画はあまり見たことがなかったんですが、この映画で衝撃を受けました。自然の中の人間の無力さ、痛感しました。しかも事実に基づいた物語っていうのに恐怖します!キーラとデビッキ様出ててるので見てください!笑 pic.twitter.com/VCvvvagQ8w

CGじゃないんかい…

謎の犯罪者集団によるエクストリーム・スポーツを駆使した強盗事件が立て続けに発生。犯人は常人には真似できない危険かつ大胆な方法で犯行を繰り返していた

有名トップアスリートが前代未聞のノーCGリアルアクションという世界初の試みに挑み、世界の秘境、絶景で、かつてないスケールをもって繰り広げられるアクションサスペンス

映画史上でも最高クラスの危険なスタントシーンを目撃することができる。中でも特筆すべきは、はるか上空からのダイブシーンだ

こういうのはCGかと思ってましたよ…

えー話題を変えまして昨年観にいきました『X-ミッション』(原題:Point Break』についての感想を述べていきたいと思います。「10年に一本のノーCGアクション映画」と煽っているだけあって見てるだけで冷や汗ダラダラになりました

もう6月… 今年観た映画の中で、1番キタのは…X-ミッション。 個人的には完全不意打ちで最高でした。 そこにエヴェレスト付けるともっといい୧( ⁼̴̀ᐜ⁼̴́)૭

命を懸けた実話を元にした撮影は、やっぱり…

カリフォルニア州北部に現われる高さ10mに及ぶ世界最大級の大波に挑み、22歳という短い生涯を閉じた天才サーファー、ジェイ・モリアリティの姿

実際に本人が暮らした町でロケ撮影を行ない、様々な撮影技術を駆使して本格的なサーフィン場面を撮影した映像は迫力満点

撮影中、実際に波にのまれ溺れかけました。その光景を目撃した人は、まるで二つの大波が彼を引きづり込もうとしていたようだったと語りました。彼は幸運にも救助され一命を取り留めました

マーヴェリックスすごい良かった。面白かったけど自分でも引くほど泣いた。でも良かった。

ジェリーの映画は結構好きなのが多いことに気がついた。マーヴェリックスなんて日本で3桁くらいしか見てないんじゃないか?って思うけどここ最近のサーフィン映画の中じゃブッチギリでいいね

危険すぎて?日本で上映されなかった映画…

1 2





iisanchosiiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう