1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【懐かしい】ファミコン版ドラゴンクエストの「あるある」

ファミコン版の初代ドラクエならではの「あるある」をまとめました。

更新日: 2016年06月30日

tamamirutanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 52055 view
お気に入り追加

ドラゴンクエストとは

『ドラゴンクエスト』(英語: DRAGON QUEST)は、1986年(昭和61年)5月27日にエニックス(現: スクウェア・エニックス)より発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン、FC)用ロールプレイングゲーム。

RPGの先駆けだった、ファミコン版ドラゴンクエスト

現在と異なり、色々な面でアナログな部分もあり大変でした。また、初代ドラクエはバトルにおいてはパーティを組むことができず、ボス戦まですべてたった一人で行いました。

今では考えられないが、こんな手間が・・・

旅の最初から、最後のボス戦竜王戦まで、たった一人で戦います。
ドラクエファンの中では、その手間から、今でも一番強く倒すのに難航したのはドラクエⅠの竜王という人も多いです。
また、攻略の面においても大変なことが多々ありました。

竜王を一人で倒したドラクエⅠの主人公が最強説

四人がかりで倒したゾーマなのだが それより強い竜王を一人で倒したドラクエⅠの主人公はいったい…

今は簡単に町や村の人と会話できますが、初期ドラクエでは、「はなす」コマンドの次に、話す相手が自分から向かってどちらの方向の相手に話しかけるか、上下左右を指示するコマンドがあり、話すだけでも一苦労でした。
右は、姫を倒した後宿屋に泊まると宿屋の主人に言われる、ユニークなセリフです。

本当に"はなす→にし"状態だったんですね(´Д` ) でもその不便さがイイ!…のかな?RT @kei_darts: wiiのドラクエⅠ。ファミコン当時そのままで、操作がイライラする(笑)

旅の始まりでラダトームの王様にもらえる軍資金はたった120G。これではろくな武器や防具も買えません。コツコツと弱いモンスターを倒して資金を稼がないと、180Gする銅の剣をなかなか買えず、いつまでもこん棒で戦う羽目に。

王様が少しの金と装備しかくれないからケチと言う前に、魔王討伐を一人の若造に任すという稟議を通した王様に惚れるわ http://shindanmaker.com/107256 ドラクエⅠッスね

階段は今は乗れは自動的に昇降しますが、ドラクエⅠは階段コマンドを選ばないと降りることができませんでした。

今の子達は知らないだろうな。 一番最初のドラクエⅠって、階段昇る時はプレイヤーを階段に重ねて「かいだん」コマンドを押さなきゃいけなかったし、他のキャラと会話をする時は「はなす」コマンドから「うえ」「した」「みぎ」「ひだり」まで選択しなきゃいけなかったんだぜ。

出典dq10.org

町や村、城などにある扉を開けるには、鍵が必要でした。冒険初期に出てくる町や村の扉も、冒険中盤に出てくるリムルダールの町で購入した鍵がないと開けることができませんでした。しかも、6つまでしか持つことができませんでした。

ドラクエⅠプレイし始めて、ようやくレベル10まで上がった。最初は苦戦してた敵を片手で捻れるまでに成長してくれて楽しい。 でも魔法の鍵で一度開けた扉が、エリア移動したらまた閉まってるのはやめて欲しい。

出典way78.com

洞窟は今と異なり、たいまつを購入して火をともして入りました。しかもクリアに時間がかかっていると、炎が小さくなっていき、最後には消えてしまいます。しかし、何度か入っているうちに、マップを覚えてしまうと、たいまつを使用しなくてもクリアできてしまうことも。

ドラクエ30周年か。ドラクエⅠはダンジョンの深層に降りる事にBGMがトーンダウンするのが画期的だった。しかもたいまつにはリミットがある。けど、レベルに余裕があれば真っ暗闇おそるることなかれで強行突破できるのだ。姫を我が者にできるなら命をかける価値はある。ついでに世界も救える。

ドラクエⅠハピバ!! FC版のどうくつで松明が消えちゃうところと、地下に潜るごとにBGMの音程が下がるところが好き! #DQ30th

セーブをするためには、ドラクエⅠでは王様に復活の呪文を教えてもらい、その呪文をノートに書き留めて、次回始めるときにはその呪文を入力して始めました。
ドットが荒いので、ぱとばを間違えてしまうなど、メモの間違いで復活できないことも頻繁にありました。

昔、ファミコン版ドラクエⅠを兄弟3人でやってて復活の呪文を3人で確認してメモして、3人で確認して入力したのに再開できなかった時の絶望感 今だったらスマホやデジカメで復活の呪文の画面を撮影しておけば間違いないな

ドラクエⅠ、Ⅱで復活の呪文間違えてうわぁってなって、ドラクエⅢでリセットボタンを押しながら、電源を切らないといけなかったなんて、知ってる人どれくらいいるんだろ。

「しらべる」だけではその場を調べるだけ。「とる」を選ばないと、宝箱を開けたりできませんでした。後のシリーズでは「しらべる」に統合されます。

主人公は正面しか向けず、どちらへ異動するにもカニ歩きでした。
それで不都合は特にないのですが、ドラクエⅠの面白い特徴と言えます。

ちなみに右下の沼地に囲まれた城が、ボスである竜王の根城。最初からラストバトルの場所が見えているのもユニークです。

ファミコンソフトの特徴と言えば「裏技」。
ドラクエⅠにも、色々な裏技が報告され、雑誌に載ったりしていました。

お得なことも・・・

物語最初のお城、ラダトーム城の城下町にいるMP回復爺さん。話しかけるだけで「光あれ」と画面が光り、MPが全回復するので、ホイミを覚えた後はひたすら爺さんのもとに通うことで宿代を節約できました。

1 2





tamamirutanさん

お気に入りありがとうございます。



  • 話題の動画をまとめよう