1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

観てないの!?まだ観てない人に自信を持っておススメするアニメ!

ジャンルは多種に渡りますが今まで私が見た面白いアニメを紹介していきます。名言なりを見出しで書いています。アニメ見ながらどこで言ってるか探してみてください(笑)随時更新していきます。 一言コメントを添えているものは補足や伝えたい事を書いています。 紹介アニメ総数81作品 レビュー有

更新日: 2016年07月23日

mastenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
609 お気に入り 342186 view
お気に入り追加

「虎と竜は昔から並び立つって決まってる」

こんなに良く出来たラブコメアニメ(ドラマ)はそうそうない。
見たこと無いのは本当に勿体無い。
普段アニメを見ない人、男女問わずにオススメできる本当に素晴らしい作品です。

一番印象的だったのは、表情。キャラクターの悩み・心情を吐露する場面での表情の崩し方がすごいですね。
アニメとしてとても安心感のある展開、テンポ・パワーに心地よくなっていると、ぐしゃっと崩れた表情が出てくる。私が観てきたアニメの中でとらドラ!を越える作品はありません。

「世の中に不満があるなら自分を変えろ!!」

電子ネットワークが世界規模で張り巡らされている2030年。
電脳化された多くの人々の中には、ネットワークから離脱したスタンドアローン状態の人間も存在していた。
ネットの闇に潜む<その男>は、ついに電脳社会を恐怖の淵に追い込み始める!
WHO CAN STAND ALONE IN THEVASTNET?

いったい何なんだこのアニメは。
「テレビ放送用」という妥協など一切ない。ものすごいクオリティ!

近未来のあり得そうな設定で、
電脳化、擬体化、AI、アンドロイド、ハッキングなどの要素を散りばめて
笑い男事件をメインに様々なエピソードが描かれます。
心温まる話からアクション色の強い話、
何とも心惹かれます。

「死ぬまでに一度でいいから女の子に告白されたい..」

マンガ家の愛徒勇気と、アシスタントの足須沙穂都との、
平々凡々な日常生活をゆるりと描く、爆笑マンガ家ライフコメディー!

小難しい設定は一切なく、テンポ良くサクサクと視聴でき、内容も面白い。
深夜アニメでこのような作品があると、正直ホッとします。

かなり面白いです。
主人公の声を当てている松岡禎丞さんの演技が最高に輝いてますねw
状況的にはハーレムアニメなんですが、何故か憎めない主人公が良いです

1話十数分程度のアニメなのでテンポもよく、見やすい!!

「さようなら、引きこもり生活!こんにちは、異世界!」

不慮の事故に遭ったゲームオタク・カズマが目覚めた場所は、死後の世界だった。過疎化の進む異世界への転生を選択した彼は、駄女神と共に冒険の旅に出ることに。

面白いアニメを作るにはストーリーも大事ですが、構成や演出なども大事です。
スタッフの士気が高かったのか、ストーリーはテンポが良く、演出が非常に凝っていて
中だるみせずに観る事ができます。
声優の配役がカッチリと嵌った感じで、演技のレベルが非常に高いです。

異世界ものでハーレムやラブコメ、俺つえええ系とは少し異なり、ギャグ色多めの作品。
個性的で癖のあるキャラクターたちがテンポよく動きまわり、見ていてほんとに楽しい。
みな優秀だけれどもポンコツで、それでいて憎めないキャラクターたち

二期決定!!

「任せろ。俺が、世界を変えてやる!」

2010年夏の秋葉原。発明サークルを主宰する大学生・岡部倫太郎は、過去にメールが送れるタイムマシンを発明し、過去に干渉してしまう

タイムトラベルもののSFが好きな私にとっては、洋画を超える内容の濃さに驚きです.
ストーリー、作画、声優、キャラクターの個性がとても個性的な作品です。

最初数話はあまり話が進まなくてつまらなく見えたり、キャラの個性が強すぎたりして抵抗を感じるかもしれません。
ですがある程度(7話ぐらい?)まで物語が進むと、先が気になるわ主人公かっこいいわでテンションあがります(笑)

「私、輝きたいんですっ!!」

いいかげんな母親の思いつきで、東京から遠く石川に引っ越すことになった松前緒花。
行先は祖母が経営する老舗の温泉旅館「喜翆荘(きっすいそう)」。様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、旅館で働く同世代の女の子や先輩たちと共に、
新しい生活に馴染むべく悪戦苦闘を繰り返す緒花たちの日々を描く、温泉青春ストーリー。

登場人物の思考や言動、心の揺れなどきめ細やかな演出がなされています。
そして絵の美しさ。特に背景の書き込みは秀逸です

登場人物も個性豊かで、その生い立ちに大きく影響されている
主人公の行動や性格には説得力があり、自分にはとても魅力的に映りました

「触れることができなくても君はいる。」

夏休みに、祖父の家に遊びに来ていた少女・蛍は、妖怪たちが住むといわれる“山神の森”へ迷い込んでしまう。途方に暮れ、泣き出した蛍の前に現れたのは、狐の面を被った少年・ギン。ギンに助けられた蛍は、毎年夏になると、ギンのもとを訪れるようになる。そして、ふたりはいつしか惹かれあってゆく。だがギンは、人でも妖怪でもない、触れると消えてしまうという不思議な存在だった。 緑川ゆき原作、「夏目友人帳」のスタッフが贈る、もうひとつの妖奇譚

思わずしゃくりあげて泣いてしまいました・・・・。
久しぶりに強く心を打たれた作品です。

映像の時間が短い分、ギンと蛍の2人に徹底的にフォーカスされており、その他の場面も2人の日常だったり内面だったりを補強する要素で構成されています。そして、それらのすべてが最後のシーンに帰結するとき、この物語の全てを感じることができます

1 2 3 4 5 ... 11 12





mastenさん

アニメや漫画、小説のオススメまとめを中心にまとめていきます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう