1. まとめトップ
  2. 雑学

【悲報】学校で習ったこと、実は間違いだらけだった。。

特に英語…もう少し使えるやつを教えて欲しかった!

更新日: 2016年06月30日

yurinoki77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1663 お気に入り 890483 view
お気に入り追加

英語の先生は、確かにこう言った。

『私はできますけど、あなたはどうなの?』といった上から目線のニュアンスが含まれている

海外行ってCan you speak japanese?って聞くと上から目線で嫌われるんだって(゚⊿゚)

Can you marry me ?ってきくと違和感でぞわわってなるし、「お前俺と結婚できんの?笑」みたいな上から目線感じる

Can you give me Kibidango? って、かなり上からの物言いじゃないか?

犬「お前俺にきびだんごあげられんの?笑」

「思い出そうとする意思がまったく無い」「そんな質問興味が無い」「どうだっていい」という風な印象をもってしまう恐れがある

ネイティブスピーカーの英語の講義を受けている学生さんは,「分かりません」を伝えるときに"I don't know."と言っちゃうとすごく失礼だから,気をつけてね. 正しくは,"I have no idea."

「お座りください」のつもりで「Please sit down.」というと、親が子どもに「座りなさい」と言っているような感じがある

「Please」は命令をして、とってつけたように「お願いね」と言っているように聞こえてしまいます。

でも"Please take a seat"なら丁寧らしい。不思議!

歴史も、昔とは常識が全然ちがう…!

『1185年、頼朝は守護・地頭を任命する権利などを獲得。支配権が西国にも及び武家政権としての鎌倉幕府が成立』

まさかの「イイクニ」じゃなくて「イイハコ」

教科書といえばいつのまにか鎌倉幕府がイイクニ作ろうじゃなくてイイハコ作ろうになっててマジでビックリしたからね

教科書では、①〜⑥の特定の年に成立したとは明記しないのが「最新の日本史」になっています

流れについていけないっす。。

理由①:武士、農民、職人、商人の他にも、お坊さんとか公家とか色々いた

戸時代の身分には、基本的に「武士、百姓・町人等、えた・ひにん等」があり、ほかにも天皇や公家、神主や僧侶などが存在

そりゃそうだ

武士以外の身分については上下・支配関係はない

逆に武士はやっぱ特別だったんだね

都会でものづくりをする職人は「町人」と呼ばれており、「農」と「工」との間に身分差はありませんでした。

士農工商という身分制度があったのは嘘だったらしく今は習ってないと聞いてびっくり!農業は大事だから武士の下の身分ってことにしてうんぬんかんぬんとかやったのに!あれは何だったんだ! 歴史を正しく伝えるって難しいのねー。今当たり前だと思っていることのどれだけが事実なのやら。

頼朝像の真偽をめぐっては、冠の特徴などにより50年以上前から多くの疑問が出されていた

1 2





yurinoki77さん



  • 話題の動画をまとめよう