1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

虫刺され予防に!蚊よけ・虫よけに効果がある「植物」たち

殺虫剤や虫除けスプレーの代わりに「植物」で蚊よけ。

更新日: 2016年07月03日

598 お気に入り 64227 view
お気に入り追加

夏になると出てくる嫌な存在「蚊」

暖かくなってくると、ガーデニングやアウトドアなど外に出る機会が多くなってきますよね!そんな時に気になるのが、蚊などの虫。

蚊よけ対策には、様々な手法が用いられてますが、ここ最近、注目を浴びているのが植物による対策です。

蚊を含む防虫効果があるだけでなく、庭先や玄関付近にそっと植えられていると、夏の暑さも少し和らぐような涼やかさも感じられますよね。

玄関前の蚊がひどくて、虫が嫌がる植物置きたいなと。

植物で蚊を撃退してみましょう。

□蚊連草(カレンソウ)

蚊連草はゼラニウムとシトロネラ草を交配して作ったと言われるハーブの一種です。

2種のハーブに含まれている、シトロネラールという香りが蚊を寄せ付けないとされています。その2種を配合した蚊連草(蚊嫌草)はハーブの中でもよりシトロネラールという香りが強く、蚊を寄せつけにくいそうです。

蚊連草は値段もお手頃でホームセンターなどで298円くらいで購入できるのでお財布にもやさしいですよね。

□レモングラス

レモンにそっくりな柑橘系の爽やかな匂いのレモングラスは、トムヤムクンなどの料理にもよく使われることでお馴染みのハーブです。

レモングラスには、シトロネラとして知られる自然のオイルが含まれています。蚊よけキャンドルの多くは、このシトロネラが主原料。その効果は証明済みですよね。

虫よけやリラックス効果など便利なレモングラスですが、働きが強い為、妊娠初期やイネ科の植物にアレルギーのある方は使用は避けたほうがいいそうです。

レモングラス植えようかな。防虫(蚊)効果もあるとは

蚊に刺されまくるから、レモングラスのアロマオイルで自作虫よけスプレー作ってんけどまじ効く

このようにハンガーを利用して陰干し レモングラスの香りは虫が嫌うので、陰干し中は虫が入ってこない利点もあり pic.twitter.com/DnXuAD8Mwr

□ニーム

虫を寄せ付けず、薬用効果が高いことから、「奇跡の木」「ミラクルニーム」として知られるニーム。樹木全体に虫を寄せ付けない効能から、夏の蚊よけとして栽培している方が増えてきていますよ。

その虫除けの効果は約200種類以上の害虫に効果があると言われていて《天然植物農薬》とも呼ばれています。

1 2





ギャロップきゃんたーさん



  • 話題の動画をまとめよう