1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ただ75分喋ってるだけの映画『セトウツミ』が笑えるらしいwww

「会話」の面白さだけで読者を魅了する傑作コミックが原作の映画『セトウツミ』が7/2から公開。若手俳優の池松壮亮と菅田将暉が演じる高校生2人がひたすらしゃべるだけという異色の映画です。映画を観た人からは続編を期待する声が早くも挙がっています!

更新日: 2016年07月02日

hy02さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
296 お気に入り 89363 view
お気に入り追加

異色の映画が公開

関西のとある河原。高校生の瀬戸(菅田将暉)と内海(池松壮亮)が、放課後にまったりと喋っている。天然な元サッカー部の瀬戸。一方の内海は、塾通いのクールなメガネ男子。そんな二人が高校のマドンナ樫村(中条あやみ)と三角関係に……!?

映像マジックを駆使した大作映画の真逆をいく、男子高校生2人が放課後に関西弁でまったりとしゃべるだけという、「会話」の面白さのみを追求した異色映画『セトウツミ』が公開

ウィットに富んだセリフと独特な“間”のセンスを駆使し、ユニークな「会話」の面白さで読者を惹きつける人気の同名コミックを映画化

ただしゃべり続ける映画

映画では2人の会話を
「第1話:セトとウツミ」
「第2話:アメとムチ」
「第3話:イカクとギタイ」
「第0話:内海想の出会い」
「第4話:先祖と子孫」
「第5話:瀬戸小吉の憂鬱」
「第6話:出会いと別れ」
「エピローグ:樫村一期の想い」
という、全8話のエピソードのつなぎ合わせで構成

上映時間75分のうちほぼ全編、池松演じる内海と菅田扮する瀬戸の会話劇が展開されるという独特の世界観が話題の映画

大事件が起こるわけでも、衝撃の事実が明かされるわけでもない。高校生2人が、河原の階段に腰かけ、ただしゃべる。

クールなメガネ男子・内海(池松)と天然な元サッカー部員・瀬戸(菅田)という関西の高校生2人が、放課後にまったりしゃべり続ける

無駄話を繰り広げるだけw

『セトウツミ』で内海を演じる池松壮亮(左)と瀬戸を演じる菅田将暉(右)

大道芸人(宇野祥平さん)や瀬戸が憧れる女の子(中条あやみさん)が絡むこともあるが、ほぼほぼ、瀬戸と内海、この2人の会話だけ

ケンカもない、部活もしない、壁ドンもない。クールなインテリメガネ・内海と、ちょっとおバカなツンツン頭・瀬戸が、河原で無駄話を繰り広げるだけの一風変わった青春ムービー

公開初日の7/2の舞台挨拶で主演のひとり、菅田さん曰く「DVDで見るタイプの映画」w

“喋る”だけの本作について、菅田が「完全にDVDで見るタイプの映画」と語ると、大森監督からは「おい!」の猛ツッコミ

「僕と池松くんが座ってしゃべっているだけの映画。完全にDVDで観るようなこの映画を、こんなにでっかいスクリーンで観に来てくれたお客様が大好きです!」と言い放って池松や大森を苦笑いさせた

クスクス笑えて

セトウツミ面白い!あかん、あかんわ!反則やw 菅田くんのネイティブは心地ええわ!鑑賞中もクスクス笑いが漏れて皆楽しんでるのがわかる( ´∀`) これ観てつくづく日常会話が漫才になってしまう土地柄だと再認識。

『セトウツミ』話を面白くしようとする為の言い回しがちょっとくどい感じはあったけど、充分楽しめた!劇場内も終始クスクス笑いと時に爆笑。突っ込みの意味を含めて劇中のセリフを口に出して言っちゃう人、ツボに入って笑うとこちゃうのにずっと笑ってる人。良い雰囲気やった〜。また観てもいいかも。

セトウツミ観てきた!普通に面白い、爆笑まではいかないけどクスッと笑えるほのぼのしてて菅田将暉も池松壮亮も可愛いわ笑めっちゃ早く感じた。続編希望

また観たくなるらしい

セトウツミ良かった。4DXとかなんやらから逆行しまくってむしろ映画である必要無かったし、変な主題歌も無かったしロックだった。テレ東あたりだ深夜30分枠くらいで毎週やって欲しいわ。

ゆるいくにゃっとした映画だと思っていたらちゃんと伝わるものがあったわ。ポーーっと観れて笑いたい時に笑えて心地よかったし ひとつひとつの場面、セリフがずっと残ってるっていう印象深さ。もっと観たいよセトウツミ!面白かったしこういうの好きわー!また観るね #セトウツミ

とにかくぜいたくな映画

教訓になるようなことや高尚なメッセージが発せられるわけではないが、そこに身を置くことで心が安らぐ、ぜいたくなひとときが過ごせる会話劇

ほぼ1シチュエーションの会話劇だが、そこには人生の可笑しさや愛おしさが詰まっている。まさに2人の俳優力が光る青春映画となった

1





hy02さん

スポーツ、エンタメ、IT、ライフハックなどを中心に気になったことをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう