1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

一体どうなる?人気原作コミックの実写映画化が止まらない

2017年に公開を予定されている『曇天に笑う』の主演を俳優の福士蒼汰が演じることが発表されました。そのほか、銀魂、ハガレン、東京喰種などなど。現在の日本の映画界では人気コミックを原作にした実写映画化の波が押し寄せているようですね。

更新日: 2016年07月04日

tosemoveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
122 お気に入り 349692 view
お気に入り追加

◇福士蒼汰主演で実写化が発表された『曇天に笑う』

主人公の曇天火を俳優の福士蒼汰が演じることが発表された『曇天に笑う』。

福士蒼汰が、累計120万部を誇る唐々煙による大ヒットコミック『曇天に笑う』の実写映画化に主演することが決定した。

監督は、「踊る大捜査線」シリーズや「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」で知られる本広克行。

2011年に連載が開始され、アニメ化、舞台化もされた女子に人気の大ヒットコミックが満を持しての実写映画化。

「曇天に笑う」は明治時代を舞台に、琵琶湖の真ん中に作られた監獄の橋渡し役を担う、曇神社曇家三兄弟の活躍を描く冒険活劇。

2011年に連載を開始した原作コミックは、シリーズ累計発行部数120万部を誇る人気作。

今回の撮影について福士は「天火という役は“ザ・兄貴”という男」「自分もそういう存在になれるように頑張りたい」と主演の意気込みを語っている。

福士は登場キャラクターの個性を魅力に挙げ、「どのキャラクターにも過去があり、読者それぞれ好きなキャラクターができる作品なので、実写するにあたっても、原作のキャラクター達の魅力を取り入れられたらと思います」

自身の役柄については「天火という役は、すごく頼りがいがある“ザ・兄貴”という男なので、自分もそういう存在になれるように、お兄ちゃんとして頑張りたいと思います」と意気込みを語っている。

撮影は6月18日にクランクインしており、来春完成、2017年に公開を予定している。

まって帯いっつも捨ててるから気づかなかった、曇天に笑うも実写化企画決定とか

◇銀さん役を小栗旬が演じると発表された『銀魂』

主人公の銀さんを小栗旬が演じ実写化される『銀魂』。監督、脚本は『勇者ヨシヒコ』シリーズなどの福田雄一氏が担当する。

7月1日、テレビアニメ化もされた人気マンガ「銀魂(ぎんたま)」が、俳優の小栗旬さん主演で実写映画化されることが明らかになった。

漫画実写化の請負人ともいうべき小栗旬が、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の看板コミックを実写映画化する

なお脚本・監督は、『勇者ヨシヒコ』シリーズや『HK 変態仮面』などを手掛ける福田雄一氏が担当

作者の初連載作品であり代表作となった『銀魂』。コミックは現在64巻まで発売され累計5000万部を超える大ヒットとなった。

04年より連載が始まり、単行本発行部数が累計5000万部を超える「週刊少年ジャンプ」の人気コミック「銀魂(ぎんたま)」。

パラレルワールドの江戸を舞台に、己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった主人公・坂田銀時が、仲間の身に起こる様々な事件を描いていく。

ときには思わず笑ってしまい、ときにはホロっと涙してしまい、ときには息をのむシーンで釘付けに…。

「銀魂」の魅力といえば、SF時代劇というジャンルでありながら、そこにコメディ要素が含まれているところでしょう。

過去に原作にも”小栗旬之介”として登場していた小栗旬。『ルパン三世』『信長協奏曲』と実写映画で大ヒットを連発した小栗旬が演じる”銀さん”に注目です。

今回、銀さんを演じることになった小栗旬は『銀魂』ファンであり、また27巻には「小栗旬之介」という小栗旬のパロディキャラも登場している。

主演映画の『ルパン三世』(2014)、そして、『信長協奏曲』(2016)と、主演映画の大ヒットを連発する日本映画界のトップ俳優・小栗旬。

1 2 3





tosemoveさん

まとめを読んで頂きありがとうございます。個人的に気になったことを出来るだけわかりやすくまとめていきたいと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう