1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

つけっぱなしでも大丈夫?エアコンの節電を効率的に行う7つの方法

梅雨入りが発表されてから猛暑日もあり、暑い日が続いています。そうした中、エアコンの使用が必須とされていますが、気になるのが電気代。どのようにすれば、クーラーの節約になるのでしょうか?

更新日: 2016年07月08日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 71369 view
お気に入り追加

●連日の猛暑で、エアコンの電気代が気になる時期?

2016年の夏は猛暑が予想されており、エアコンが長い期間活躍しそうな予感がしますが、そこで気になるのは電気代です。

・エアコンの節電方法には、誤解が多いとされている

エアコンは誤解が多い家電である。特に真夏のこの時期は、その電気代に対して多くの方が関心を持つはずなのに、

古いイメージなどが蔓延り、間違った節電方法が実行されている場合も数多く目にする

かつては消費電力量が多い家電製品の代名詞でもあったエアコンですが、

新製品が発売されるたびに消費電力量も下がり、いまでは以前ほどの電気の大食いではありません。

・使い方次第で電気代も下がっていく?

●エアコンの節電を効率的に行う7つの方法

1.窓を開け、換気をしてからエアコンをつける

2.電源の入切はこまめにしない

十分冷えたと思って電源を切っても、またすぐに電源を入れてしまうことになるくらいなら、

使い方として正しいのは、電源を入れたら自動モードで、基本的にはつけっぱなしにしておくことをオススメしたい。

・一ヵ月エアコンをつけっぱなしにしていた時の電気代の事例

・外出の際はスイッチをOFFにした結果

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう